“車庫とばし”で山口組系「福島連合」を家宅捜索 札幌市中央区

“車庫とばし”で山口組系「福島連合」を家宅捜索 札幌市中央区

  • HBCニュース
  • 更新日:2021/11/29
No image

動画は元記事でご覧いただけます

警察は25日、札幌市の暴力団事務所をいわゆる“車庫とばし”をした疑いで、家宅捜索しました。

記者リポート
「午前10時半、道警の捜査員が暴力団事務所に家宅捜索に入っていきます」

家宅捜索を受けたのは、札幌市中央区の指定暴力団6代目山口組系「福島連合」の事務所です。
「福島連合」会長の息子、福島裕太(ふくしま・ゆうた)容疑者は、去年8月から今年2月にかけて、ウソの住所を書いた転居届を2回提出し、車庫の変更を申請した電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで23日、逮捕されました。
会長の福島康正(ふくしま・やすまさ)容疑者も、ウソの住所が書かれた書類にサインするなど、犯行を手助けをした疑いで逮捕されました。
警察は、裕太容疑者が車を購入したものの、自宅で車庫証明が取れなかったため、親子で犯行に及んだとみて捜査を進めています。

11月25日(木)午前11時30分~「JNNニュース」

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加