キスマイ藤ヶ谷太輔、主演映画のチケットをメンバーに配布「自分の挑戦を見届けてもらいたい」

キスマイ藤ヶ谷太輔、主演映画のチケットをメンバーに配布「自分の挑戦を見届けてもらいたい」

  • 映画.com
  • 更新日:2023/01/25
No image

舞台挨拶の模様 (C)2022映画『そして僕は途方に暮れる』製作委員会

映画「そして僕は途方に暮れる」(公開中)の公開御礼舞台挨拶が1月24日、都内で行われ、主演の「Kis-My-Ft2」藤ヶ谷太輔をはじめ、前田敦子中尾明慶三浦大輔監督が登壇した。

No image

2018年春にシアターコクーンで上演された舞台「そして僕は途方に暮れる」に続き、作・演出の三浦と藤ヶ谷が再タッグを組んだ映画版。些細なことでも自分に都合が悪くなるとすぐにその場から逃げ出してしまう自堕落フリーターの菅原裕一(藤ヶ谷)が、ほんの些細なことから、あらゆる人間関係を断ち切っていくさまを描く。

藤ヶ谷はSNSや映画サイトの感想を逐一チェックしていることを明かしたが、「皆さんが書き込んでくれた感想を紙に印刷してもらって読んでいます」とアナログ方式で見ているそう。中尾から「そろそろSNSに慣れましょうよ」などとつっこまれるも「紙は両面印刷なので見やすい。紙はいいですよ」と紙印刷の良さを熱弁していた。

No image
No image

また、藤ケ谷は「Kis-My-Ft2」のメンバーに本作のチケットを配ったそうで、「メンバーにチケットを渡したのは初めてかも。自分の挑戦を見届けてもらいたいという思いもあるけれど、恥ずかしさもある。メンバー一人ずつにチケットを配りながら『映画、良かったら見てください』となぜか敬語になった。でも、きっと見てくれると思う」とメンバーからの感想を心待ちにしていた。

三浦監督は、公開後に映画館で本作を鑑賞したといい、「この映画は見るタイミングや状況によって変わる映画で、僕が見たときは前田さんがとても良かった。自分でも思いもよらないところで感情が動いた」と告白。

No image
No image

この日の登壇者4人は舞台版からの仲となり、藤ヶ谷は「舞台時に比べて距離がより近づいたし、連絡先も交換してご飯に行く約束をした。これは大きな一歩だと思う」と言うと、前田も「このメンバーに会うとホッとする」とにっこり。中尾は「藤ヶ谷君が厳しい監督の演出にもめげず、現場の空気を常に明るくしてくれた。それがなかったら乗り切れなかったと思う」と座長のポジティブな立ち振る舞いに感謝していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加