コラボで評価上がったチャンネルも 芸人再生工場のカジサック、全員が成功するわけではない?

コラボで評価上がったチャンネルも 芸人再生工場のカジサック、全員が成功するわけではない?

  • リアルライブ
  • 更新日:2021/05/03
No image

キングコング・梶原雄太(カジサック)

キングコング・梶原雄太扮するカジサックのYouTubeチャンネルが始動して、約2年半が経過。自身の家族が登場したり、企画に挑戦したりと、あの手この手で動画本数を増やしている。中でも人気なのが、芸人とのコラボだ。ナインティナイン、極楽とんぼ(ナイナイ・極楽はそれぞれ1人ずつ)、千原ジュニア、千鳥・ノブなど、テレビで活躍する芸人が軒並み登場し、いずれも再生回数100万回以上を獲得。彼の人気コンテンツの一つとなっている。

彼が成功したことで顕著に数字に表れているのが、芸人YouTuberの数だ。ここ数年、芸人もこぞってYouTubeを始めている。中には、YouTubeチャンネルを始める際や、チャンネルをリニューアルする際に、カジサックとコラボし、認知度を上げて成功を収めるケースや、彼のアドバイスでチャンネル登録者数が伸びるケースも珍しくはない。オリエンタルラジオ・中田敦彦が、カジサックの一声でYouTubeを始め、大成功を収めたのは有名な話だ。

「陣内智則は、もともとYouTubeで違法アップロードされたネタ動画が異常に再生回数を稼いでおり、公式チャンネルでアップすることに。冒頭、陣内がネタについてトークをしていますが、それを提案したのがカジサックです。彼のアドバイスと陣内のネタの人気も相まって、動画がアップされると、たびたびYouTubeの急上昇動画に入っていますね。このほか、チャンネルをリニューアルしたFUJIWARA、ココリコ・遠藤章造なども彼とのコラボをきっかけに認知度が向上。地道に活動を続け、いずれも登録者数20万人ほど。インパルス・堤下敦も、“食”に焦点を当てたことで35万人超えとなっています」(芸能ライター)

>>カジサック、宮迫を巡る“裏の発言”で炎上 相方・西野が“笑いに変える”ナイスフォローで称賛!<<​​​

しかし、すべてが成功を収めているわけではない。次長課長・河本準一もチャンネルをリニューアルした際にカジサックとコラボ。現在、登録者数は5万人程度と伸び悩んでいるが、テレビで活躍している芸人の裏話や芸人コラボの人気が高く、ネットニュースに取り扱われることも多い。このほかにも、知名度は低いがノブが紹介したことで話題となったおしみんまるが約2万人となっている。

「コラボをしたことで炎上したケースもあります。TKO木下隆行とコラボした際は、ペットボトル事件の詳細を語る動画で大炎上。直接カジサックが謝罪しています」(同上)

「成功するか・成功しないか」の明確な差については、芸人力、好感度、YouTube視聴者に刺さるかどうかである。カジサックとコラボしたからといって成功するとは限らない。その後、成功を収めるための分析と正しい努力が必要のようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加