INORAN「“恥ずかしい”とか言ってられない」刺激を受けたMUCC・逹瑯の言葉とは?

INORAN「“恥ずかしい”とか言ってられない」刺激を受けたMUCC・逹瑯の言葉とは?

  • TOKYO FM
  • 更新日:2022/08/13
No image

ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。7月30日(土)の放送は、INORANさん(Vo./Gt.)が登場! 6月29日(水)にリリースしたセルフカバーアルバム『IN MY OASIS Billboard Session』についてお伺いしました。

(左から)逹瑯、INORANさん

今回のアルバムでは、ゲストヴォーカルに傳田真央(でんだ・まお)さんが参加しています! 曲を聴いた逹瑯の感想は?

逹瑯:INORANさんの声との周波数なのか分からないですけど……混ざったときの聴こえ方が絶妙ですね。すごく心地良い具合に混ざっていくし、声の相性がいいなぁって。

INORAN:ありがとうございます。ちょっと自分では分からないですけど(笑)。

逹瑯:本当ですか(笑)? でも、そうかもしんない。俺も自分の声を冷静に聴けないですから。

INORAN:でも、レコーディングをしているときは聴くでしょ?

逹瑯:聴きますけど、第三者的な聴き方ができないんです。

INORAN:そうだよね。

逹瑯:それでいうと、自分のギタープレイとかも、そういう聴こえ方になってくるんですか?

INORAN:いや、歌とは捉え方がまったく違うね。

逹瑯:へ~!

INORAN:ギターは、変な言い方かもしれないけど“諦められる”っていうか。

逹瑯:ほぉー。

INORAN:だけど、ヴォーカルは(曲の)中心にいるものだから諦められないっていうか“まぁいっか”ができないんです。だから全然違うよね。

逹瑯:ソロを始めて25年ぐらい経つじゃないですか。“ヴォーカルは嫌だな”って思ったことはないですか?

INORAN:今でも思ってるよ(笑)。

逹瑯:ハハハハ(爆笑)!!

INORAN:ただ、このあいだのニコ生でコラボしたじゃないですか(6月7日配信「INORAN×MUCC 25th Anniversary Collaboration SP」)。

逹瑯:はい。

INORAN:あのときに深く話してみて、MUCCも25周年で僕も25周年……同じなんだなと思って。“25年も歌っているのに、恥ずかしいとか言ってられないな”って、逆にスイッチを入れてもらったの。

逹瑯:おぉ~! やっぱり、まだギタリストの意識が強い?

INORAN:うん、まだギター脳だね。

逹瑯:あー。

INORAN:弾きながら歌っていると、やっぱりギターのほうに集中しちゃう。歌の人は逆だと思うけど。

逹瑯:“何を先に始めたか”でやっぱり変わってくるんだろうね。でも、もう25年ですもんねぇ。

INORAN:ヤバいよねぇ(笑)。

逹瑯:もはやシンガーですよ(笑)。

◎8月6日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」は、MUCCのサポートドラマー・Allenさんが登場! どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月7日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週土曜25:30~26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加