我慢しすぎには気を付けて!自分の中でため込むと恋愛がダメになる理由とは?

我慢しすぎには気を付けて!自分の中でため込むと恋愛がダメになる理由とは?

  • ハウコレ
  • 更新日:2021/05/03
No image

不満や不安、心配なことがあっても相手に言わずに自分の中でため込んでしまうことがありませんか?時には、我慢することも大事です。

しかし、ため込むクセがついてしまうとあなたがしている恋愛がダメになってしまうでしょう。「我慢しているのにダメになるの?」と思いますよね。

今回は、なぜ自分の中で色々とため込むことが恋愛をダメにしてしまうのかについて紹介します。

相手に何も伝わらない

自分の中でため込む人の中には、「そのうち分かってくれるだろう…」「私が言わなくても分かってくれる」と思う人もいます。または「言って喧嘩になるのが嫌」という人もいるでしょう。

実は、あなたの気持ちは相手は想像することしかできません。何を思っていたところでため込んでしまっては相手に伝わるものも伝わらなくなってしまいます。

結果的に、相手から「何を望んでいるのか分からない」と言われて恋愛が終わってしまうこともあるでしょう。ため込むことがいい女になるというわけではないので注意してください。

ストレスで恋愛が自ら嫌になる

自分の中で色んなことをため込んでしまう恋愛をしていると、どんどんストレスが大きくなっていくでしょう。例えば、自分はため込むタイプなのに相手が全くため込まないタイプだとどうでしょうか?

「私は我慢しているのになんで我慢できないの?」と思ってしまいますよね。また、ため込むことそのものがストレスになって「疲れた…」と感じることも多くなるでしょう。

ストレスで恋愛することが嫌になり、自分から今している恋愛を手放してしまうことも恋愛をダメにするきっかけになりますね。

深い付き合いが全くできない

自分の中でため込むということは、本音を相手に見せることができていません。本音を見せないほうが上手くいくときももちろんあるでしょう。

しかし、相手と深い仲になることはできません。深い付き合いが全くできなくなるため、最初は好きな人と付き合えて上手くいっているように感じても長続きできないでしょう。

おそらく、喧嘩がないカップルになることはできます。しかし、心からの付き合いができずに終わってしまうのがオチなのです。

爆発したときに終わってしまう

自分の中で気持ちをためてしまうほどに爆発したら大変なことになるでしょう。相手もビックリするほどキレてしまう可能性もあります。自分でも抑えられなくなるはずです。

そうなったら、もう恋愛が終わってしまいますね。自分で「もういい!もう無理!」と見切りをつけて終わらせることもあるでしょう。

ため込むタイプは、大爆発する可能性がとても高いため、相手にも怖がられてしまうことがありますよ。

ため込む恋愛は今すぐやめよう

恋愛の不満や不安はため込んでしまうことでダメになることが多々あります。誰にでも不安や不満はあるものです。上手に発散していけるようにしましょう!

(ハウコレ編集部)

ハウコレ編集部.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加