西川貴教、肉体美あらわに熱唱 DRUM TAOとのコラボに喜び「もっとたくさんできたら」

西川貴教、肉体美あらわに熱唱 DRUM TAOとのコラボに喜び「もっとたくさんできたら」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/07/20
No image

肉体美あらわに歌唱した西川貴教 (C)ORICON NewS inc.

歌手の西川貴教(50)が20日、都内で行われた和太鼓集団・DRUM TAOが出演する『MANGEKYO PROJECT 2021』の新作『W-1』記者会見に出席。DRUM TAOとのスペシャルステージで、肉体美を披露した。

【動画】西川貴教、“肉体美”見せつけ熱唱!プロ絶賛の和太鼓演奏も披露

西川は、DRUM TAOとともに「Judgment」を熱唱。パフォーマンスを終えて「別の音楽番組でご一緒したのですが、そこでも迫力の演奏をされていて、きょうが非常に楽しみでした。短い間だったんですけど、もっとたくさんできたらいいなと感じました」と満面の笑み。DRUM TAOのメンバーから共通点として“肉体美”を指摘されると「たぶん、これで(オファーが)きているなと思いました。ちなみにこの後もジムに参ります」と笑わせた。

大太鼓の実演を行うパートで、西川は鍛え上げた腕を使いながら見事に演奏。「めちゃくちゃ気持ちいいですね。一朝一夕でできることではないと思うんですけど、久しぶりにバチに触りました。こんなに大きなものを触らせていただくことはまずないので。鳴りが全然違いますね」と声を弾ませた。

最近はもっぱら筋肉が注目されているが、「逆に筋肉で食べてらっしゃるみなさんに申し訳ないです。筋肉で食べている方々に仕事を振ってください」と笑顔で呼びかけ。「BEST BODY JAPAN 2021の日本代表ということもありますので、コンディション的には大会と比べると7割型で、通年保っています。絞っては戻しを繰り返して…って、何の話でしょうか」と自らツッコミを入れた。

コロナ禍でのエンターテインメント業界にも触れ「厳しい状況ですが、感染対策をしっかりしながら、僕らができることでひとりでも多くの方に笑顔になっていただけるように」と力説。過去のいじめ問題で批判を集めていたミュージシャンの小山田圭吾(52)が、東京2020オリンピック・パラリンピック大会開会式の音楽担当を辞任したことについては「他人様のことをどうのこうの言える立場でございませんし、本当になんとか無事に大会自体が終わることだけを望んでおります」と述べるにとどめた。

イベントのMCは、元NMB48でフリーアナウンサーの村上文香が担当。同公演は、22日から8月9日まで、東京・新宿LUMINE0で行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加