Discordが2020年後半だけで2200以上の「過激派」のサーバーを削除したことを発表

Discordが2020年後半だけで2200以上の「過激派」のサーバーを削除したことを発表

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/04/06
No image

グループチャットアプリのDiscordが2021年4月3日に、2020年下半期の透明性レポートを発表しました。その中でDiscordは、過激派や暴力主義的なコンテンツを理由に削除されたサーバーが、半年で2212個に及んだことを明らかにしました。

Discord Transparency Report: July — Dec 2020 | by Nelly | Apr, 2021 | Discord Blog

https://blog.discord.com/discord-transparency-report-july-dec-2020-34087f9f45fb

Discord Says It Banned More Than 2,000 Extremist Communities : NPR

https://www.npr.org/2021/04/05/983855753/group-chat-app-discord-says-it-banned-more-than-2-000-extremist-communities

Discordは、4月3日に発表した透明性レポートの中で「2020年はDiscordにとって急速な成長の年でした」と述べて、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによるSNSの需要増や、ゲーム市場の活発化を背景に、Discordの利用が急拡大したことを指摘しました。これに伴い、Discord上で発生する問題も急増しました。

以下は、2020年にDiscordが受け取ったユーザーレポート数の推移です。2020年末の受理数は月間6万5103件に達し、年初の2万6886件を約4万件も上回りました。この増加により、Discordが2020年下半期に受理した通報の数は、上半期比で約50%増の35万5633件に達しました。

No image

これに対応するため、Discordの信頼・安全対策チームは多くの不正なアカウントを削除しました。以下は、2020年後半にDiscordが削除した非スパムアカウントの内訳です。「搾取的コンテンツ(Exploitative Content)」で削除されたアカウント数は12万9403件と、スパム以外では最多で、「ハラスメント(Harassment)」の3万3615件と「過激派/暴力的コンテンツ(Extremist/Violent Content)」の3万22件がこれに続きました。なお、あまりに多すぎて以下のグラフには含まれていませんが、スパム行為により削除されたアカウント数は半年で326万4655件に達しているとのことです。

No image

Discordでは、各ユーザーは「サーバー」という部屋を立ててチャットを行います。Discordは、不正なコンテンツがやりとりされているサーバー対策にも力を入れており、2020年下半期には2万7410個のサーバーが閉鎖されました。最も多く閉鎖されたサーバーのカテゴリーが「サイバー犯罪(Cybercrime)」の5875個で、この数字は上半期比で約140%も増加しているとのこと。サイバー犯罪のサーバーに関する通報の増加がこの成果を後押ししたとDiscordは述べています。

No image

一方、Discordが特に力を入れたのが「過激派/暴力的コンテンツ」に関連したサーバーの削除です。この理由で削除されたサーバー2212個のうち、1504個はDiscordの信頼・安全対策チームが直接検知して削除したサーバーだったとのこと。

No image

Discordが削除した過激派のサーバーの中には、軍国主義を掲げる「ブーガルー・ボーイズ」や、陰謀論者の「QAnon」も含まれていました。特に、QAnonは2020年下半期に大きく勢力を伸ばしており、QAnon関連だけで334個のサーバーが削除されたとのこと。Discordは、「私たちは、憎しみや暴力、過激なイデオロギーを中心に組織されたグループの居場所はDiscordには存在しないと信じています」と述べています。

非営利団体「Data & Society」のリサーチアナリストであるウィリアム・パーティーン氏は、海外メディアのNPRの取材に対して「Discordのレポートは、『私たちはこの問題に真剣に取り組んでいます』ということを伝えるための広報活動の一環であると同時に、彼らが実際にかなりの進歩を遂げていることを示す証拠でもあると思います」とコメントしました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加