ソフト日本代表が劇的サヨナラで2連勝! 延長タイブレークの末に渥美が決勝打

ソフト日本代表が劇的サヨナラで2連勝! 延長タイブレークの末に渥美が決勝打

  • フルカウント
  • 更新日:2021/07/22
No image

ソフトボール日本代表が延長タイブレークの末にメキシコ代表に勝利【写真:AP】

7月21日が39歳の誕生日だった上野由岐子は7回途中2失点

■日本 3ー2 メキシコ(22日・1次リーグ・福島)

東京五輪のソフトボール1次リーグ2日目が22日、行われ、延長タイブレークの末に日本代表はメキシコ代表に3-2でサヨナラ勝ちし、2連勝を飾った。延長タイブレークにまでもつれ込む大激戦の末に、途中出場の渥美万奈が値千金のサヨナラ打を放ち、息詰まる熱戦に終止符を打った。

2回に無死三塁とされた日本代表だったが、上野がピンチを脱出。すると、その裏1死走者なしで打席に入った“ソフトボール界の二刀流”と称される藤田倭が左翼の頭上を越えるソロ本塁打を放って先制した。藤田は開幕戦となったオーストラリア戦でも本塁打を放っており、2試合連続本塁打となった。

39歳の誕生日を迎えた上野由岐子は2試合連続で先発マウンドに上がると、奪三振ショーを展開。3回、4回とアウト全てを三振で奪うなど、次々にバットに空を斬らせた。5回にウルテスにソロ本塁打を浴びて同点とされたものの、その裏、先頭の藤田が中前安打で出塁。山田恵里が犠打で送ると、我妻悠香が値千金の適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

だが、上野は7回に無死一、三塁のピンチを招くと、本塁打を打たれていたウルテスに中前適時打を許して、試合は振り出しに。ここで上野は降板となった。なおも無死一、二塁のピンチだったが、2番手の後藤希友が好リリーフを見せて窮地を脱し、試合は延長タイブレークへともつれ込んだ。

無死二塁から始まるタイブレークの8回、日本は無死二、三塁のピンチを招くも、この窮地を後藤が3つの奪三振で踏ん張って、メキシコに得点を許さず。後藤の好リリーフに応えるように、その裏、1死三塁で渥美が遊撃への決勝打を放って、劇的なサヨナラ勝ちを決めた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加