ザ・クリブス、フー・ファイターズのスタジオでレコーディングした最新作『Night Network』が11月リリース!

ザ・クリブス、フー・ファイターズのスタジオでレコーディングした最新作『Night Network』が11月リリース!

  • rockinon.com
  • 更新日:2020/09/15
No image

rockinon.comで関連写真をもっと見る

ザ・クリブスが11月13日(金)に8枚目となる新作『Night Network』をリリースする。

2017年の前作『24-7 Rock Star Shit』のリリース後、イギリスの長年のマネージメントから離れた同バンドは、ゲイリー(B、Vo)の言葉によると「合法的な泥沼」で立ち往生してしまい、新しい曲をリリースすることも、ツアーも行えなくなってしまったという。

当時の事について「ある時点では、僕らは実際に起こったことに幻滅していたので、バンドに戻りたいかどうかさえわからなくなってしまった」と、ライアン(G、Vo)も語っている。

その後、2018年の夏の終わりにマンチェスターのエティハド・スタジアムで行われたフー・ファイターズのショーをサポートした彼らは、自らが直面しているトラブルについてデイヴ・グロールに相談。そこでLAのスタジオでのレコーディングを提案され、結果として2019年の春から夏にかけて、ロサンゼルスにあるフー・ファイターズのStudio 606でレコーディングする事になったのだという。

エンジニアはJames Brown(フー・ファイターズ、アークティック・モンキーズ)が務め、ミックスはザ・クリブスの頻繁なコラボレーターで、『Men’s Needs, Women’s Needs, Whatever』や『For All My Sisters』も手掛けたJohn O'Mahonyが担当。アルバムは2週間でほぼ完成し、ポートランドのHalfling Studiosで1週間、オーバーダブがおこなわれた。

バンドが完全にセルフ・プロデュースした初のアルバムとなった『Night Network』だが、同作からの1stシングルである”Running Into You”のミュージック・ビデオがすでに公開されている。

リリースの詳細は以下の通り。

●リリース情報

『NIGHT NETWORK(ナイト・ネットワーク)』THE CRIBS(ザ・クリブス)

品番:COOP804CDJ[国内流通仕様]

定価:¥2,300+税

発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ

その他:世界同時発売、付帯物等未定

収録曲目:

1. Goodbye

2. Running Into You

3. Screaming In Suburbia

4. Never Thought I’d Feel Again

5. Deep Infatuation

6. I Don’t Know Who I Am (feat. Lee Ranaldo)

7. She’s My Style

8. Under The Bus Station Clock

9. The Weather Speaks Your Name

10. Siren Sing-Along

11. Earl & Duke

12. In The Neon Night

さらなる情報はこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加