認知機能低下リスク低減サービスで100億円事業、味の素社

認知機能低下リスク低減サービスで100億円事業、味の素社

  • 日本食糧新聞電子版
  • 更新日:2020/11/20

味の素社は、認知機能の低下リスクを低減する個々人向けの新サービスを100億円規模の事業として構想する。食事や生活習慣をチェック、リスクを評価した上で食事のメニューや運動、睡眠の改善をアドバイス、栄養・加工食品やサプリメントの摂取などを提案するもの。1回の採血で3大疾病のリスクをチェックできる検査「アミノインデックスリスクスクリーニング(AIRS)」で、生活習慣病リスクの新たな検査項目として「AIL

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加