モリサワ、写研書体の石井明朝と石井ゴシックの改刻フォントを2024年にリリース

モリサワ、写研書体の石井明朝と石井ゴシックの改刻フォントを2024年にリリース

  • MdN Design Interactive
  • 更新日:2022/11/25
No image

株式会社モリサワは、2021年1月に公開された「写研書体の開発プロジェクト」について続報を発表。2024年に「石井明朝 ニュースタイル大がな・オールドスタイル大がな」および「石井ゴシック」をOpenType形式のフォントに改刻してリリースすることを正式にアナウンスした。

本プロジェクトには、株式会社モリサワと、石井書体を保有する株式会社写研、モリサワおよびそのグループ会社である有限会社字游工房のタイプデザイナーが参加。3社共同体制での取り組みが展開されている。

全体監修を務めるのは、写研出身で現在は有限会社字游工房の書体設計士である鳥海修氏。今回の「改刻フォント」のリリースで、多くのデザイナーから期待が寄せられていた「写研書体の実用的なデジタルフォント化」が実現する。

石井書体は、写研の創業者である石井茂吉氏が開発した書体。写真植字機(写植)および専用のシステムを通じ、印刷書体として広く親しまれていた。デザイナーの中には、今でも「写研の書体をDTPなど現在の制作環境でも使いたい」と考える人たちは多い。

今回のデジタルフォント化に際して、かつての上品な美しさはそのままに、現代のDTPやオンスクリーン環境に最適化したリデザインを実施。発表によると「さらに洗練された印象の書体」に生まれ変わるとのことだ。

写研書体のラインナップは、株式会社モリサワが展開するクラウド型のフォントサービス「Morisawa Fonts」のスタンダードプランで提供予定。「MORISAWA PASSPORT」では提供されず、2024年以降まで複数年契約中のユーザーが書体を利用できる方法については「検討中」とされている。

株式会社モリサワ
URL:http://www.morisawa.co.jp/
2022/11/25

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加