中日韓、経済・貿易協力の深化進む

中日韓、経済・貿易協力の深化進む

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/06/23
No image

中日韓、経済・貿易協力の深化進む

22日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムのサブフォーラムで公表された「中国・日本・韓国経済貿易指数」。(青島=新華社配信)

【新華社青島6月23日】中国山東省青島市で22日、海の豊かさを守るための国際的な取り組みをテーマとする「東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム」の海洋産業協力などに関するサブフォーラムが開かれ、中国、日本、韓国の経済・貿易に関する指数が公表された。

No image

中日韓、経済・貿易協力の深化進む

22日、「中日経済・貿易指数」の2010年~21年の推移を示したチャート。(青島=新華社配信)

指数は中国と日本、韓国それぞれとのモノの貿易、サービス貿易、投資協力、貿易の円滑化レベルなどを分析して算出した。2010年を100とした「中日経済・貿易指数」と「中韓経済・貿易指数」は、21年にそれぞれ111.88ポイント、136.94ポイントに上昇。中日間、中韓間の貿易協力が深化していることが示された。

No image

中日韓、経済・貿易協力の深化進む

22日、「中韓経済・貿易指数」の2010年~21年の推移を示したチャート。(青島=新華社配信)

21年の中日、中韓の「モノの貿易指数」はそれぞれ126.94ポイント、185.48ポイントだった。貿易額の伸び率はそれぞれ17.1%、16.9%。中国は15年連続で日本の最大貿易相手国、18年連続で韓国の最大貿易相手国となっている。

No image

中日韓、経済・貿易協力の深化進む

18日、山東省青島市の青島大港と日本の大阪南港を結ぶ中日の地域的な包括的経済連携(RCEP)協定快速航路の開通式。(青島=新華社配信)

サービス貿易を見ると、日本、韓国の中国からの輸入は「通信・情報技術サービス」と「知的財産権使用サービス」の割合が拡大傾向にあり、中国から日本、韓国への輸出は「知識集約型サービス」の規模が徐々に拡大している。一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中日韓の国境をまたぐサービス業、特に観光業が大きな打撃を受けた。

投資協力の面では「中日投資協力指数」が安定的に推移している一方、「中韓投資協力指数」は変動が比較的大きい。

21年の中国の輸入・輸出貨物の通関時間は、17年比でそれぞれ66.1%、90.0%短縮した。中国の口岸(通関地)の総合サービス能力の向上が、貿易の円滑化レベルを引き上げている。(記者/賈雲鵬)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加