白色矮星を公転する巨大惑星、82光年先で初めて発見

白色矮星を公転する巨大惑星、82光年先で初めて発見

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/09/18

系外惑星探査衛星「TESS(テス)」の想像図。米航空宇宙局提供(2018年4月11日提供、資料画像)。

【AFP=時事】白色矮星(わいせい)となった恒星の近くを原形を保ったまま周回する系外惑星が初めて発見された。研究結果が16日、発表された。見つかった惑星「WD 1856b」は木星ほどの大きさがあり、研究者らは、この巨大惑星の運命をたどることにより、約50億年を経て太陽が白色矮星になる時の太陽系

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加