西村優菜は「69」で巻き返すも予選通過は微妙な状況「最後だけミスが出て悔しい」全英女子OP

西村優菜は「69」で巻き返すも予選通過は微妙な状況「最後だけミスが出て悔しい」全英女子OP

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/06

◇米女子ゴルフツアー AIG全英女子オープン第2日(2022年8月5日 英ガレーン・ミュアフィールド・リンクス(6659ヤード、パー71)優勝賞金109万5000ドル(約1億4700万円))

No image

<全英女子オープン・2日目>第2ラウンド1番、声援に応える西村(撮影・西尾 大助)

86位から出た西村優菜(22=スターツ)が3バーディー、1ボギーの69で回り、通算4オーバーでホールアウトした。22歳の誕生日だった4日はティーショットが乱れ、3つのダブルボギーを叩くなど6オーバーとらしくない内容だったが、この日は序盤から安定したプレーで「60台」をマークした。

痛恨だったのは上がり2ホール。17番パー5で2オンした後、3パットでバーディーを逃すと最終18番ではティーショットをバンカーに入れて出すだけ。この日、初めてのボギーを叩いた。現時点でカットラインは2オーバーで予選通過は微妙な状況となった。

ホールアウト後、中継局WOWOWのインタビューに応じ「ドライバーも修正できていたんですが、最後だけミスが出てしまい悔しいです。(4オーバーは)難しいと思いますが、調整しながら待ちたいと思います」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加