長谷川慎 食事制限と筋トレで、体脂肪率4%の肉体を披露「最後は、180度変わるくらい別人になっています」

  • フジテレビュー!!
  • 更新日:2021/10/14

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの長谷川慎が、およそ1ヵ月半の食事制限と筋トレで、体脂肪率4%の肉体に仕上げ、ボクシングシーンの臨んだ。

『顔だけ先生』(10月16日放送/フジテレビ系)第2話は、クラスメイトから「ダサい」「キモい」と、陰口を言われている、園芸部部長・森戸朋也(長谷川慎)が登場。

ボサボサ頭に分厚い黒ブチ眼鏡で、“陰キャ”の森戸を、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマーとしても活躍中の長谷川が演じる。森戸が変わっていく様子がこの回の見どころで、課外授業では、ボクシングシーンが待っている。

No image

ギャラリーリンク左から)森戸朋也(長谷川慎)、遠藤一誠(神尾楓珠)

ある日の早朝。 都内のボクシングジムには、指導の先生にバンテージを巻いてもらいながら談笑する神尾の姿が。「世界チャンピオンを目指している」と、強そうなスパーリング相手に、突進していくシーンが撮影されていた。演技とはいえ神尾がボコボコにされる姿に、監督も「ほぼ当たっていたけど、大丈夫?」と、心配して声をかける一幕も。

No image

ギャラリーリンク遠藤一誠(神尾楓珠)

続く、遠藤と森戸のスパーリングシーンでは、鍛え上げられた長谷川のボディに注目が集まった。撮影の直前まで、ダンベルや腹筋をしてパンプアップに励んでいた長谷川。

この日のために、食事制限と筋トレで体脂肪率4%の肉体に仕上げてきた。

No image

ギャラリーリンク森戸朋也(長谷川慎)

神尾も、「過去にボクサー役で食事制限をしたことがあるので、つらさはわかります。短期間であの体を作るのは、本当に大変だったと思います」と、長谷川をねぎらった。

スパーリングシーンについては、「今日の課外活動は、体力的にハードでした。でも、本当はもっと相手と互角に戦いたかった。不完全燃焼です」と笑った。

No image

ギャラリーリンク左から)遠藤一誠(神尾楓珠)、森戸朋也(長谷川慎)

<長谷川慎 インタビュー>

――長谷川さん演じる、森戸朋也役について教えてください。

森戸は2年B組の園芸部部長をやっていて、園芸部に所属しているというだけで、気持ち悪いとか、ダサいとかそういうイメージを持たれていて、クラスのみんなからも、「エンゲロ部」と言われています。

環境問題をマジメに勉強している子で野菜や自然が大好き。あるコンテストがきっかけで、「自分を変えたい」とあか抜けていきます。

――「陰キャ」役を演じることについてどう思いましたか?

普段の自分は、アーティストとして活動していますが、ステージでお客さんに喜んでいただくキラキラした場所にいる中、森戸役ではある意味、真逆を体験できています。

前日はライブをしていて、その翌日は、森戸で陰キャを演じているという“振り幅”は本当に楽しいです。

何かに集中しているときの森戸は、顎を出していたり、内またで猫背で走るなど、監督の森戸に対する明確なイメージがあり、そういう見た目の部分も楽しんでやらせてもらっています。

――神尾楓珠さんの印象は?

初めて楓珠と共演したときは、お互い生徒役でした(2019年YouTubeドラマ『主人公』)。

当時の僕は、あまり俳優の経験もなく、何もわからないまま作品に挑戦して、現場でいろいろと学ぶこともあって。それを経て何年か経ち、先生と生徒という関係がちょっと不思議ではありますが(笑)、また一緒に共演できてうれしいです。

――アーティストと俳優の違いは感じますか?

ライブをしているときは、もちろん楽しいですが、俳優業は別の世界戦を生きている感じがします。

自分自身に、「こういう引き出しもあるんだ」と、新しい発見もあります。今は、アーティストとしての自分、俳優としての自分、何もしていない普通の自分という、3つの自分を生きている。そんな切り替えのある人生がとてもおもしろいです。

――ボクシングシーンに向けての準備は?

森戸のストーリーとしては「陰キャ」からあか抜けるまでの過程があり、監督にも、「腹筋を割って欲しい」とリクエストされて、約1ヵ月半、筋トレや食事制限をしてきました。

ボクシングシーン撮影の前日は、“水抜き”といって、体にある水分を抜いて、筋肉を浮き上がらせる作業をしました。食事はOKですが、水は500ミリのペットボトル1本だけ。そうすると翌日は、筋肉がバキッとなるであろうと。

体脂肪率も4%をキープしていていい流れで来ていたので、当日はバキッとカリカリにして、見せつけようと思いました(笑)。

――遠藤先生(神尾)とのボクシングシーンはいかがでいたか?

森戸の努力が実った瞬間でもあるので、視聴者のみなさんも、きっと森戸の応援をしてくれていると思います。この日のために僕は賭けてきました。とりあえず、このシーンの撮影をもって、ブロッコリーとささみの食生活は終わりです(笑)。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

最初は、かなり陰キャで見た目もダサい森戸ですが、人が180度変わるくらい最後は、別人になっています。格段に見た目や気持ちが変わっていく森戸を、このたった1話で感じられると思いますし、感じていただきたいと思います。

森戸がどう頑張ってきて、ここまで至ったかという、すべての努力がボクシングのシーンで発揮されます。僕も森戸と一緒に変わろうと減量や筋トレを頑張りました。ぜひ見ていただけたらうれしい です。

No image

ギャラリーリンク左から)遠藤一誠(神尾楓珠)、森戸朋也(長谷川慎)

神尾楓珠主演、フジテレビ系、土ドラ『顔だけ先生』第2話は、10月16日(土)23時40分より放送される。

<第2話あらすじ>

私立菊玲学園高等学校では、まもなく「菊玲祭」が開幕。亀高 (貫地谷しほり)は「菊玲男前コンテスト」は、外見の差別を助長するコンテストでは?と危惧するも、伝統だという川相教頭(八嶋智人)に押し切られ、今年も実施することに…。

そんな男前コンテストに、普段、「ダサい」「きもい」「ブサイク」などとバカにされている園芸部の森戸朋也(長谷川慎)が、一念発起してエントリーすることに…。

No image

ギャラリーリンク左から)遠藤一誠(神尾楓珠)、亀高千里(貫地谷しほり)

公式HP:https://www.tokai-tv.com/kaodakesensei/

公式Twitter:https://twitter.com/tokaitv_dodra

公式Instagram:https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/

そのころ、遠藤一誠(神尾楓珠)は、理科準備室をサウナ化させ、なぜか減量に取り組んでいた。

フジテレビュー!!編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加