丹羽孝希、得意のカウンター決まるも2回戦敗退 ラリーで相手に軍配<世界卓球2021>

丹羽孝希、得意のカウンター決まるも2回戦敗退 ラリーで相手に軍配<世界卓球2021>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2021/11/25
No image

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

24日、世界選手権は2日目を迎え、男子シングルス2回戦に丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)が登場、ダニエル・ハーベソン(オーストリア)に2-4で敗れた。

ハーベソンの猛打に翻弄

序盤は一進一退の攻防が続いたが、ハーベソンの攻撃が上回り第1ゲームを取った。

No image

写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

第2ゲームも序盤ハーベソンの展開となるが、丹羽がチキータやドライブからカウンタープレーにつなげ、逆転で1ゲーム、さらに第3ゲームの要所でのカウンターも決まり連取する。しかし、第4ゲームからハーベソンはストレートへの攻撃を多用して得点を重ね、2ゲーム連取して勝利に王手をかけた。

丹羽も打開策を練るが、ラリーで得点を重ねたハベソーンが最後のゲームを取り、勝利した。2大会連続ベスト8入りした丹羽だったが、今大会は2回戦で姿消すこととなった。

男子シングルス2回戦

No image

写真:ダニエル・ハーベソン(オーストリア)/撮影:ラリーズ編集部

丹羽孝希 2–4 ダニエル・ハーベソン(オーストリア)〇
8-11/11-9/11-5/15-17/9-11/4-11

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加