「カオスが急襲」 PSG対マルセイユの“5人退場乱闘騒ぎ”に海外騒然「大混乱に陥った」

「カオスが急襲」 PSG対マルセイユの“5人退場乱闘騒ぎ”に海外騒然「大混乱に陥った」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2020/09/15
No image

PSGとマルセイユの一戦で5人の選手が退場する乱闘騒ぎが起こった【写真:AP】

伝統的なナショナル・ダービーで試合終盤にネイマールら5選手が退場処分

パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間13日、リーグ・アン第3節でマルセイユと対戦し、0-1で敗れた。伝統的なダービーマッチは、試合終盤に5人が退場する乱闘騒ぎに発展。英メディアも「ネイマールを含めた5人が退場し、カオスが急襲」と取り上げている。

PSGとマルセイユの一戦はフランス国内でも伝統的なナショナル・ダービーとして知られているが、試合は緊張感が走っていた。マルセイユDFアルバロ・ゴンサレスがアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアに唾を吐きかけられたと主張すれば、ブラジル代表FWネイマールはそのA・ゴンサレスから人種差別を受けたとして口論に発展した。

そして事態は最悪なシナリオを迎えることになる。0-1で迎えた後半アディショナルタイム、小競り合いから両チームが入り乱れる大乱闘が勃発。ネイマールを含めた計5選手が退場。トータルでイエローカード14枚、レッドカードが5枚飛び交う大荒れとなった。

英メディア「スポーツ・バイブル」は「ネイマールを含めた5人が退場し、カオスが急襲」と見出しを打ち、「5枚のレッドカードが、狂った結末を証明した。アディショナルタイムに大混乱に陥った」と説明している。

王者PSGは開幕早々に2連敗を喫したが、結果以上にこの大乱闘が世界でも騒ぎとなりそうだ。(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加