なにわ男子、Mステ単独初出演「次は僕たちだ、と心待ちにしてきた」

なにわ男子、Mステ単独初出演「次は僕たちだ、と心待ちにしてきた」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/11
No image

関西ジャニーズJr.内ユニット「なにわ男子」が、今日11日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」(午後9時)に単独で初出演する。

事務所の先輩である「関ジャニ∞」の横山裕、大倉忠義がプロデュースを手掛ける同ユニットは、これまで複数のジャニーズJr.内ユニットと一緒に同番組に出演したことはあるが、単独では初めて。道枝駿佑(18)は出演が決まった際の様子を、「次は僕たちだ、次は僕たちだ、と心待ちにしてきた出演でしたから、決まった時はメンバーみんなで喜びました」と語った。藤原丈一郎(25)も「ファンの方々も楽しみにしてたし、僕たちの夢でもあったので、着実に一歩一歩進んでいるなと感じます!」と大喜びし、「タモリさんと掛け合いができるのが幸せです」と、早くも本番が待ちきれない様子。今夜はファンにも人気の代表曲「ダイヤモンドスマイル」を披露する。西畑大吾(24)は「候補曲の中にこの曲があり、キラキラなメロディーとステキな歌詞に感銘を受けたんです。関ジャニ∞の大倉くんに速攻で“この曲がいいです!”とお願いしたくらい、初めて聴いた時から大好きな曲で、なにわ男子にとって運命の一曲だと思っています」と楽曲への熱い思いを明かした。

また、今夜は「東京スカパラダイスオーケストラ」とともに俳優のムロツヨシ(45)が同番組初出演。徳永英明&Little Glee Monsterは、“雨の名曲”をメドレーで披露する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加