母「精神的に支配されていた」と一部無罪主張 3歳児虐待死の初公判

母「精神的に支配されていた」と一部無罪主張 3歳児虐待死の初公判

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2021/10/14
No image

"福岡地裁小倉支部=北九州市小倉北区"

3歳の長男を虐待して死亡させたとして傷害致死などの罪に問われた、いずれも無職で義父の末益涼雅(りょうが)被告(24)=福岡県中間市=と、実母の歩被告(23)=同県八女市=の裁判員裁判が14日、福岡地裁小倉支部で始まった。涼雅被告側は起訴内容をおおむね認め、歩被告側は「涼雅被告から支配される状態にあった」と一部無罪を主張した。

「完璧」な母が酒に溺れるまで 幼き姉妹、車で放置死

起訴状によると、両被告は共謀して昨年7月と8月、中間市内の自宅などで長男愛翔(まなと)ちゃん(当時3)に暴行して恥骨を骨折させ、8月15~16日には頭部を打撲する暴行を加えて急性硬膜下出血のけがを負わせ、同27日に多臓器不全で死亡させたとされる。

検察側の冒頭陳述によると、両被告はインターネットで知り合って交際を始めた。昨年4月ごろに歩被告が愛翔ちゃんを連れて八女市の実家を出て涼雅被告と中間市で同居を始め、5月に結婚。5月半ばごろから愛翔ちゃんへの暴力が始まり、次第にエスカレートした。検察側は、両被告は互いの暴力を助長、容認する共犯関係にあったと指摘した。

涼雅被告側は起訴内容については争わず、両被告による共犯事件であるとする一方、致命傷を負わせたのは涼雅被告ではないと主張した。

歩被告側は、起訴内容のうち暴行罪については認めたが、傷害罪と傷害致死罪についてはすべて涼雅被告によるものとし、愛翔ちゃんが致命傷を負った際には寝ていて関与していないと訴えた。また、涼雅被告から精神的なドメスティックバイオレンスを受けて支配される状態にあったとして「共犯は成立しない」と主張した。

検察側は、愛翔ちゃんの遺体を解剖した結果、全身に計245カ所の傷やけががあり、うち174カ所はたばこやスタンガンなどで付けられた可能性があるとの解剖医の見解を示した。

また、両被告がスマートフォンで、「あいつ今日、ボテボテいく」「あばらのところ蹴ったらぶっ飛んだ」といったメッセージや、皮下出血が見られる愛翔ちゃんの顔の写真などを日常的にやりとりしていたことなどを提示した。(吉田啓)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加