「バッサリと切られた」赤木さん妻、判決に憤り 森友文書改ざん

「バッサリと切られた」赤木さん妻、判決に憤り 森友文書改ざん

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/11/25
No image

赤木俊夫さんのお気に入りだったマフラーを身につけ、判決後に記者の質問に答える妻雅子さん=大阪市北区で2022年11月25日午後3時47分、川平愛撮影

財務省ぐるみの決裁文書改ざん問題の発覚から約4年。25日の大阪地裁判決は改ざんを主導した佐川宣寿(のぶひさ)・元理財局長(65)の賠償責任を認めず、改ざんの経緯も財務省の調査報告書をなぞりながら認定しただけだった。「裁判所も夫の死の真相に向き合ってくれなかった」。自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(51)はこう悔しがり、控訴する意向を明らかにした。

森友文書改ざん 佐川元理財局長の賠償責任認めず

午後2時、大阪地裁の大法廷。雅子さんは中尾彰裁判長をじっと見つめ、約7分間の判決理由の朗読に耳を傾けた。改ざんの苦悩をつづった夫の手記を忍ばせて臨んだが、被告席には佐川氏のみならず、佐川氏の代理人弁護士の姿もなかった。

文書改ざんが発覚した直後の2018年3月、赤木さんは自宅で命を絶った。「国家に翻弄(ほんろう)された夫の死の真実を知りたい」。雅子さんはその一心で提訴した。

佐川氏の本人尋問もかなわず「理不尽」

訴訟では、改ざんの核心に迫る新事実が明らかになった。国は21年6月、存否の回答も拒んでいた「赤木ファイル」をようやく開示し、調査報告書で公表されていない経緯が判明する。

全518ページのファイルには、理財局幹部らが逐一、佐川氏に報告しながら、財務局に改ざんの指示を繰り返した実態が記され、赤木さんらが抵抗していた状況も記載されていた。

雅子さんは「開示された時は、墓前に『ありがとね』と伝えた。夫が命がけで残したもので、佐川さんの口から真相を聞き出す重要な証拠になると思った」と言う。

雅子さん側は佐川氏の本人尋問を求めたが、地裁は「不必要だ」として採用せず審理を進めた。判決は改ざんの経緯や佐川氏の関与について赤木ファイルの内容にもほぼ触れず、佐川氏の賠償責任は国家賠償法の規定に基づき問えないとした。「道義上はともかく、佐川氏が説明、謝罪する法的義務はない」。こんな判断も示されていた。

「バッサリと切られて残念だ。佐川氏は犯罪行為をしたのに法律に守られて理不尽だ」。赤木さんのグレーのマフラーを首に巻いて取材に応じた雅子さんはそう憤った。

国は1年前、雅子さん側の請求を認める「認諾」に踏み切った。雅子さんは真相究明の機会を閉ざす姿勢に反発する一方、淡い期待も抱いた。岸田文雄首相が財務相に、遺族への丁寧な対応を指示したからだ。

雅子さんは認諾後、改ざんを捜査した大阪地検に財務省が提出した文書の開示を求める訴訟も起こした。一部でも公表されれば解明が進む可能性もあるが、国はその存否すら回答していない。

改ざん問題の再調査を求める雅子さんの訴えには、40万人以上から賛同の署名が寄せられている。雅子さんは「心身ともにしんどいが、訴訟を続けていきたい」と訴えた。

雅子さんの代理人を務める生越照幸弁護士は記者会見で、「国賠法の規定があれば、公務員は何をしてもいいのか。誰も責任を取らず、真相も明らかにならない前例を作ってしまった」と判決を批判した。【山本康介、古川幸奈】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加