BMW、新型LMDhの2023年IMSA向けカラーリング発表。アウグスト・ファーフスら4名の起用も明らかに

BMW、新型LMDhの2023年IMSA向けカラーリング発表。アウグスト・ファーフスら4名の起用も明らかに

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/09/23
No image

BMW Mモータースポーツは9月22日、2023年にIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTPクラスにデビューするLMDh車両『BMW Mハイブリッド V8』のレース用カラーリングを発表するとともに、2台のドライバーラインアップを明らかにした。

BMWは、現在開発中のMハイブリッド V8で2023年からIMSAに、2024年からはWEC世界耐久選手権のハイパーカークラスに参戦する。

今回、ロサンゼルスのピーターセン博物館で開催された発表イベントにおいては、2023年のIMSAを戦うチームRLLの車両カラーリングが発表。さらに24号車のドライバーとしてコーナー・デ・フィリッピとニック・イェロリーが、25号車のドライバーとしてアウグスト・ファーフスとフィリップ・エングが、2023年のIMSAをフルシーズン戦うことが明らかにされた。

また、1月の開幕戦デイトナ24時間レースでは、コルトン・ハータが追加ドライバーとしてエントリーする。

No image

2022年9月22日、BMWが発表した2023年IMSAに参戦するBMW MハイブリッドV8のカラーリング

No image

2022年9月22日、BMWが発表した2023年IMSAに参戦するBMW MハイブリッドV8のカラーリング

No image

2022年9月22日、BMWが発表した2023年IMSAに参戦するBMW MハイブリッドV8のカラーリング

No image

2022年9月22日、BMWが発表した2023年IMSAに参戦するBMW MハイブリッドV8のカラーリング

発表イベントには、BMW MのCEOであるフランシスカス・ファン・ミール、BMW Mモータースポーツ責任者のアンドレアス・ルース、IMSAプレジデントのジョン・ドゥーナン、チームRLLの共同オーナーのボビー・レイホール、デビッド・レターマン、パトリック・ラニガンらがゲストとして出席した。

■「DTMのクラス1車両を思い出す」

BMWはヨーロッパで10人程度のドライバーをテストした後、4名を選定した。

「GTPプロジェクトが発表されて以来、このプログラムに参加することは僕の夢だった」と、7月にバラーノでマシンのシェイクダウンを行ったデ・フィリッピは語っている。

「僕らは皆、IMSAのトップレベルでBMWにチャンピオンシップ・リザルトをもたらしたいと熱望している」

イェロリーは「デイトナとセブリングでIMSAに初参戦した後、北米でフルシーズンを戦うことになり、この素晴らしいマシンで戦えるのは最高だ。僕にとっては、ハイダウンフォースのレーシングカーのルーツに戻るようなもの。本当に楽しみだ」と語っている。

エングは、フルシーズンのドライブの機会を与えられたことについて「光栄」だと語った。

「BMW MハイブリッドV8での最初のラップは、決して忘れることがないだろう」とエングは語っている。

「これは、膨大なパフォーマンスとパワーを備えたサラブレッドのレースカーだ。DTMのクラス1規定車両を思い出すよ。IMSAのレーストラックでそれをドライブするのは、とても楽しいだろう」

一方、BMWのレジェンドであるファーフスも、ここ数シーズンはミシュラン・エンデュランス・カップのみの参戦だったが、来年はウェザーテック選手権にフル参戦する予定だ。

「BMW Mモータースポーツの代表として再びトップ・レベルに立つこと、そしてモータースポーツの新時代の幕開けに関わることは、僕にとってまたとない機会であり、大きな名誉だ」と、ファーフスは語っている。

「このエキサイティングなプロジェクトは、僕のキャリアの中でもハイライトのひとつだ。ライバルは非常に強力で、初年度は多くのことを学ぶことになるだろう。だが、スタートから良い結果を出すための準備はすべて整っていると思う。それを可能にするために、我々は間違いなく懸命に働いているよ」

No image

2023年IMSAにフル参戦が決まったアウグスト・ファーフス

ダラーラシャシーをベースとする新型プロトタイプは、今週初めにセブリング・インターナショナル・レースウェイにおいて、アメリカでのテストプログラムを開始した。さらに10月にミシュラン・レースウェイ・ロード・アトランタ、12月にデイトナ・インターナショナル・レースウェイで行われるIMSA公認テストに参加することが決まっている。

BMWは、1月のデイトナ24時間レースに向けて、北米でのプライベートおよびグループでの走行も予定している。彼らはモーターランド・アラゴンやカタロニア・バルセロナサーキットなど、イタリアとスペインでのテストを経て、アメリカでのテストに移行してきた。

「BMW MハイブリッドV8を短期間でレース用に仕上げるために、ここ数カ月は非常にハードに働いてきた」とルースは語った。

「これは、美しいレースカーだ。今は、それを速くすることが我々の仕事だ。我々は日々この目標の達成に向けて取り組んでおり、1月のデイトナでレースを始めるときには、準備が整っているものと確信している」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加