【浦和】シャルクがケガで数週間の離脱に「強くなって戻ってきます」

【浦和】シャルクがケガで数週間の離脱に「強くなって戻ってきます」

  • サカノワ
  • 更新日:2022/06/23
No image

浦和のシャルク。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ACLでは3試合・3ゴールを記録。

J1リーグ浦和レッズのオランダ人FWアレックス・シャルクがこのほど負傷し、数週間ほど離脱することになった。シャルクが6月23日、自身のインスタグラム(アカウントは@aschalk23)のストーリーズを更新して、ファンに報告している。

シャルクは次のように、自身の浦和でのプレー写真とともに英語でメッセージを記している。

「ケガをしてしまい本当にガッカリしています。

リハビリに数週間かかりますが、私は強くなって戻ってきます」

そのようにこの期間を生かし、よりパワーアップを遂げてくると誓っている。

スイスリーグのセルヴェットFCでプレーしていた29歳のシャルクは今年3月、浦和に移籍。加入直後の4月10日のリーグ8節のFC東京戦で途中出場でデビューを果たし、そのあとタイ・ブリーラムでセントラル方式にて行われたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージに参戦し、鮮烈の直接フリーキック弾など3試合・3ゴールと活躍し決勝トーナメント進出に貢献した。

J1リーグ戦ではこれまで8試合に出場。チームがリーグ10試合ぶりとなる勝利を収めた6月18日のホームでの名古屋グランパス戦(〇3-0)では、69分から途中出場していた。

【注目記事】
モンペリエが浦和DF酒井宏樹の獲得検討「フランスでいまだ高い評価」

落合陽一氏と日本サッカー協会がタッグ「物理再構築技術とサッカーの融合」を研究へ

レアル・ソシエダが久保建英の獲得を希望、条件は…「三度目の正直なるか」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加