山崎育三郎・古川雄大が競演! ミュージカル『モーツァルト!』開幕

山崎育三郎・古川雄大が競演! ミュージカル『モーツァルト!』開幕

  • ぴあニュース
  • 更新日:2021/04/08

音楽の力がテーマの物語であり、また東宝ミュージカルの礎を築いた菊田一夫をモデルとする人物が登場したこともあってか、ミュージカル俳優が多数出演した2020年度の連続テレビ小説『エール』。なかでも主人公である裕一の幼馴染・佐藤久志を演じた山崎育三郎と、もうひとりの主人公である音の歌の先生・御手洗清太郎を演じた古川雄大は、劇中で“プリンス佐藤VSスター御手洗”として歌で対決したことなどもあり大きな話題を呼んだ。

そんな山崎と古川がWキャストでタイトルロールを務める『モーツァルト!』が、本日4月8日(木)に帝国劇場で開幕する。『エリザベート』のミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)&シルヴェスター・リーヴァイ(作・編曲)の音楽、小池修一郎の訳詞・演出により、2002年に日本初演されたウィーン発のミュージカル。今やミュージカル界のトップランナーとなった井上芳雄と中川晃教の出世作としても知られ、井上&中川(2002~07)、井上&山崎(2010~14)、そして山崎&古川(2018)のWキャストにより再演が重ねられてきた。

幕開けの舞台はザルツブルク。父レオポルトの英才教育を受け、5歳にして作曲の才を花開かせたヴォルフガングは“奇跡の子”と呼ばれていた。やがて成長した彼は、領主であるコロレド大司教に仕えて作曲する日々に嫌気がさし、自由を求めて旅に出る。旅先で母を亡くし、失意のうちに帰郷したヴォフルガングだったが、ヴァルトシュテッテン男爵夫人の激励と援助を受けて今度はウィーンへ。コンツタンツェと出会って結婚し、仕事も精力的にこなしていくのだが……? 天才作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの35年の生涯を、人間・ヴォルフガングと才能の化身・アマデとの葛藤の歴史として読み解く物語だ。

レオポルトとコロレド大司教にそれぞれ扮するのは、初演から約20年にわたって同役を当たり役としてきている日本ミュージカル界の二大レジェンド、市村正親と山口祐一郎。ほか、コンツタンツェの木下晴香、ナンネールの和音美桜、男爵夫人の涼風真世と香寿たつきともに前回からの続投という盤石の布陣だ。『エール』を通じてミュージカルに興味を持った朝ドラファンの観劇デビューにうってつけの作品と言えるだろう。

文:町田麻子

公演情報

ミュージカル『モーツァルト!』

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ

音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ

演出・訳詞:小池修一郎(宝塚歌劇団)

出演:

山崎育三郎 / 古川雄大※Wキャスト

木下晴香

和音美桜

涼風真世 / 香寿たつき※Wキャスト

山口祐一郎

市村正親

阿知波悟美 / 遠山裕介 / 松井工 / 阿部裕 / 他

【東京公演】

2021年4月8日(木)~2021年5月6日(木)

会場:帝国劇場

【北海道公演】

2021年5月14日(金)~2021年5月17日(月)

会場:札幌文化芸術劇場hitaru

【大阪公演】

2021年5月25日(火)~2021年6月7日(月)

会場:梅田芸術劇場 メインホール

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加