阪神・ロハス 公式戦1号!来日初フル出場3安打2打点 ヘルメット飛ばし激走も!

阪神・ロハス 公式戦1号!来日初フル出場3安打2打点 ヘルメット飛ばし激走も!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

3回、中越えに2ランを放つロハス

「ウエスタン、広島0-6阪神」(1日、由宇球場)

阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国・KT=が1日、ウエスタン・広島戦(由宇)で、左打席では来日初本塁打となる公式戦1号2ランを放った。「3番・左翼」で来日初のフル出場を果たし、4打数3安打2打点。ヘルメットを飛ばす激走も見せるなど、1軍昇格に向けて着々と準備が整ってきた。

弾丸ライナーが、瞬く間に中堅フェンスを越えた。左打席では来日初アーチ。そして公式戦で飛び出した待望の1号2ラン。ロハスはベンチから「メル~」と大歓声が起きる中、ゆっくりとダイヤモンドを一周した。

三回1死一塁。右腕・田中法が投じた外角直球を振り抜くと、低い弾道で矢のような打球が中堅の頭上を襲った。ベンチから「越えろ」と声が響く。それに後押しされるように、白球は122メートルと表記されたフェンスの上を通過した。

4月24日の2軍練習試合・ホンダ鈴鹿戦(鳴尾浜)で、右打席から2ランを放って以来の“来日2号”。「感覚は良かったね。自分の理想とするスイングができていたと思う」と納得の一発だった。

圧巻のアーチだけではなかった。初回1死一塁は田中法から左中間二塁打を放ち、先制点をお膳立て。八回無死は今村から見事な流し打ちで左前打とし、全て左打席から来日初の3安打を記録した。

まだまだ、見せ場は続く。その直後、次打者・井上がフルカウントとなった場面で一塁からスタートを切った。井上の打球は左中間を真っ二つに破る。それを見たロハスは、大きな体を揺らしながら激走した。二塁を回ると、ヘルメットが宙に舞う。そんなこともお構いなしで本塁まで生還。苦笑いで息を切らしながら、ナインとタッチを交わした。

来日初のフル出場で、4打数3安打2打点の大活躍。「今日は自分がコンタクトしたいポイントで捉えることができた。最近の試合では左打席でのタイミングがずれていたけど修正できた」と満足そうに振り返った。

平田2軍監督も「ゲーム勘が戻ってきた。強引にいかないし、柔軟性がある。日本の投手への対応力というのは、時間かからないと思うよ」と太鼓判を押した。

1軍昇格はお預け。それでも「状態は自分が想像しているよりも上がってきてるね」と、着々と準備は進んでいる。昨季の韓国リーグでMVPに輝いた大物助っ人は、やる気に満ちあふれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加