ジェニファー・ローレンス、女優を一時休業した理由を明かす

ジェニファー・ローレンス、女優を一時休業した理由を明かす

  • 映画.com
  • 更新日:2021/11/25
No image

ジェニファー・ローレンス Photo by Kristy Sparow/Getty Images For Dior

久々の主演映画「ドント・ルック・アップ」がまもなく公開されるジェニファー・ローレンスが、しばらく表舞台から姿を消していた理由について米バニティ・フェア誌のインタビューで明かした。

ウィンターズ・ボーン」(10)で米アカデミー主演女優賞に初ノミネートされたローレンスは、その後「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(11)にミスティーク役で出演し、人気ヤングアダルト小説を映画化した「ハンガー・ゲーム」4部作(12~15)に主人公カットニス役で主演して一躍人気スターに。デビッド・O・ラッセル監督の「世界にひとつのプレイブック」(12)でアカデミー主演女優賞を受賞し、「アメリカン・ハッスル」(13)、「JOY」(15)と立て続けに主演作がヒットしたが、「パッセンジャー」(16)以降、「レッド・スパロー」(17)、「マザー!」(17)、「X-MEN:ダーク・フェニックス」(19)と近年の興行成績は振るわなかった。

仕事に対する情熱を失いかけていたというローレンスは、「みんなが私にうんざりしているように感じたし、私も自分に疲れていた。もう求められるように振る舞えなくなっていた」と告白。また、実績を重ねるなかで、誰も自分に対して怒れないと感じるようになったという。「私がこうしようと言えば、誰もそれに逆らわない。そうするうち、私はもう周りに歓迎される存在じゃないんだと気づいた。それで、仕事やキャリアが心の平穏をもたらしてくれると思えなくなった」と語った。

女優業から一時的に離れたローレンスは、ニューヨークにあるアートギャラリーのディレクターであるクック・マロニー氏と19年秋に結婚。現在、第1子を妊娠中だ。

ローレンスをはじめ、レオナルド・ディカプリオメリル・ストリープジョナ・ヒルティモシー・シャラメケイト・ブランシェットら豪華キャストが結集したアダム・マッケイ監督の新作「ドント・ルック・アップ」は、Netflixで12月24日から世界配信。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加