清川村 「花育」で優しい心を JAが花400鉢を寄贈〈厚木市・愛川町・清川村〉

清川村 「花育」で優しい心を JAが花400鉢を寄贈〈厚木市・愛川町・清川村〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/11/25

JAあつぎ(大貫盛雄代表理事組合長)の清川支所生産組合長会(城所明俊会長)は11月14日、清川村煤ヶ谷にあるあおぞら保育園と清川幼稚園を訪れ、ビオラやパンジーなど計400の花鉢を両園に寄贈した。

これは同JAが行う花の植栽事業の一環で、保育施設や幼稚園、小学校などへ地場産花きを届け、「花育」を通じて思いやりや美しさを感じる心を育むことが目的。また、地域一体の活動で、世代間交流の促進や関係性の構築につなげたいとしている。

当日、色とりどりの花を受け取り笑顔になる園児たち。今後は、花壇への植え替えや水やりなどの作業を行い、植物との関わり方を学んでいくという。同会の城所会長は「花を大切に育てることで土に触れる喜びを感じるとともに、優しい心を育んでもらえたらうれしい。今後も、子どもたちが農に関わるきっかけづくりを行い、健やかな成長をサポートしていきたい」と話した。

No image

園児たちに花鉢を手渡した

タウンニュース厚木・愛川・清川版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加