【UHB杯】ゼノヴァース再び“大差勝ち”だ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/21

【東西ドキュメント・函館=20日】函館記念が終わった。例年なら札幌開幕だが、変則日程の今夏は函館があと3週間ある。年初の誓い=函館記念的中を果たせなかった小田は失意の函館残留…。朝一番、ある関係者に声をかけられた。

「3勝クラスのダート。回避する馬いますかね?」

日曜メインのUHB杯(ハンデ戦)のことだ!!フルゲート14頭に対して、20頭登録。ハンデ上位3頭は優先権があるが、当該関係者の担当馬はハンデ上位ではなく抽選対象。日曜メインともなれば、貴重な全国テレビ出演チャンス!?小田は「何頭か除外になるかも」と返すしかなかった。

藤沢和厩舎は2頭登録。ゼノヴァースは昨夏札幌1勝級の“大差勝ち”が圧巻だった。大江原助手は「先週美浦から函館入り。順調にきてますね。小回りは合うと思う」とキッパリ。札幌とよく似た函館のダート1700メートル。再び衝撃は起こるか?デッドアヘッドも「滞在向き」と手応え。この2頭にしても出走はまだ確定していない“激戦区”。小田は函館記念の借りは返す…と燃えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加