レヴォーグに2.4L「STI」モデル登場! “スバリスト”は「コッチが本命」「最強やんけ」「貯金しよ」と大興奮

レヴォーグに2.4L「STI」モデル登場! “スバリスト”は「コッチが本命」「最強やんけ」「貯金しよ」と大興奮

  • iza!
  • 更新日:2021/11/25
No image

スバル・レヴォーグの「STI Sport R EX」

SUBARU(スバル)は25日、人気ステーションワゴン「レヴォーグ」に2.4リットル直噴ターボエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「STI Sport R」を発表した。

これまでの1.8リットルモデルに加えて、新開発の2.4リットル直噴ターボ「DIT」エンジンを搭載した高性能モデルがラインアップに追加された。「STI Sport R」は、走りの性能をさらに高めた圧倒的なパフォーマンスが特徴。275馬力・375Nmを誇るなど、力強い加速感が高回転域まで伸び続ける2.4リッターエンジンの特性を生かし、日常での扱いやすさはもちろん、スポーティーなドライビングも思いのままに楽しむことができるという。

新エンジンに合わせて開発した「スバルパフォーマンストランスミッション」は、素早い変速や応答性の良さを持ち味としており、ドライバーの意思に忠実に応える“操る楽しさ”を深化させているそうだ。

駆動方式はAWD(常時前輪駆動)で、燃費はWLTCモードで11キロ/リッター。スバル独自の運転支援システム「アイサイト」を搭載しており、価格は税込み438万9000円。より高性能な「アイサイトX」を装備した「STI Sport R EX」は同477万4000円となる。

この発表を受け、スバルを愛する“スバリスト”を中心に自動車ファンが即座に反応。ヤフーのリアルタイム検索では「レヴォーグ」が上位にランク入りした。

ファンは「おわ!2.4ターボのレヴォーグ…出た…!」「めっちゃ欲しいやん」「最強やんけ」などと大興奮。待望の排気量アップに「レヴォーグ年改で2.4ターボモデル出るんか!というかコッチがたぶん本命よね」「まぁ本命はこちらレヴォーグ2.4DITであろうw」などと沸き立っている。

1.8リットルと2.4リットルの「STI」モデルの価格差は約70万円。「2.4リッター追加キター!!だけどお高いの」「やっぱ高すぎぃ!笑 大人しく1.8LのSTIにしとこうか」「トランスミッションも変わって魅力が大幅アップ!! …したのはいいけど価格も70万円の大幅アップ。これ、サンルーフ付いた1.8Lとどっち選ぶのが正解だ?」などと、頭を悩ませるユーザーが相次いでいる。

ほかにも「乗り出し500万超えてくるのすごい」「値段考えると外車が視野に入ってきちゃうね」といった反応が多いが、なかには「遂にレヴォーグB型が発表されたか! 貯金しよ」と購入に向けて動き始める人や、「レヴォーグ2.4L買ったけど、4月までお待ちとな」と納車待ちを報告する人もいる。

この日は同社の高性能スポーツセダン「WRX S4」の新型モデルが発表されたこともあり、「新型WRX顔がほぼレヴォーグと一緒やん」「新型WRX S4にあわせてレヴォーグにも2.4ターボ搭載って流れかね?」といった反応も多く見られた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加