【DeNA】今季最多16安打7得点で最下位脱出 3年目森敬斗が初本塁打 東克樹は今季初勝利

【DeNA】今季最多16安打7得点で最下位脱出 3年目森敬斗が初本塁打 東克樹は今季初勝利

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/06/24
No image

巨人対DeNA 6回表DeNA無死二塁、2点本塁打を放ちナインの出迎えを受ける森(左)(撮影・垰建太)

<巨人5-7DeNA>◇23日◇東京ドーム

DeNAが、今季最多の16安打7得点で巨人に打ち勝ち、最下位を脱出し、一気に4位に浮上した。

1回に佐野が、2試合連続となる先制の8号ソロ。2回には森の今季初の適時打、蝦名の適時打で2点を追加した。4回にも蝦名がこの日3打点目の右前適時打を放った。

6回には森が、戸田の直球を右中間席に運び、プロ3年目で初本塁打をマークした。

先発東は6回途中3失点の粘りの投球で、今季初勝利をマークした。

三浦監督は「先制しながら、休むことなく、点を取ってくれたからこそ、勝利につながった。勝ち越しを続けていけるように頑張ります」と力を込めた。。

▽DeNA佐野(2試合連続となる先制の8号ソロ)「ギリギリでしたが、本塁打になり、良かったデスターシャ!」

▽DeNA蝦名(2安打3打点で勝利に貢献)「チャンスだったので、攻める気持ちを持って積極的に打ちにいきました」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加