栗原建設|四季を感じる、使って楽しむ中庭がある暮らし

栗原建設|四季を感じる、使って楽しむ中庭がある暮らし

  • FUKUOKAナビ
  • 更新日:2022/08/07
No image

古賀市在住 Yさんの住まい

「明るい家は南側にリビングがある」その思い込みを
解いてくれたのは一枚の設計図。中庭と吹き抜けの窓で
名実ともに「明るい我が家」が実現しました。

資料請求はこちら

|南側リビングでなくても中庭と吹抜けで採光できる

大手住宅メーカーと契約し、土地も購入、設計段階に進んだYさん夫妻。本来なら、楽しく打ち合わせに臨んでいるはずだったのだが…「最初に接客してくれた営業さんから後任の方に引き継がれると、こちらのイメージと出てくるプランのズレが大きくなっていって」。この家で暮らすイメージが持てず、その会社での建築を断念してしまったという。家を建てるのを諦め、土地も売却しようと思っていた矢先、「妻が、大手メーカーでなく、地元で家づくりをしているところがあるんじゃないか、とネットで検索してくれて。そこで見つけたのが栗原建設でした」。
土地はあるが建築を迷っている、と相談したところ、[栗原建設]の専務の栗原さんから「まずは土地を見せてください」と言われ、現地を案内。2回目に会ったときには、図面が完成していた。「今まで考えていた間取りは、南側から採光するため北側に建物を寄せる間取りでしたが、栗原さんからの提案を見て、〝こういう方法があったのか!〞と感激しました」。

《吹抜け》

No image

吹抜けには北・東・南側に大きなフィックス窓を設けて採光。子どものためのスタディスペースとしてリビングの一角にデスクを造り付けた

栗原さんは設計意図を次のように語る。「敷地の北側が道路に面していて、東・西・南に家が建っている土地なので、隣家の目を避けることと採光に配慮しました。無理やり南側に庭をつくって採光しようとすると間取りが限定されるので、吹抜けに大きなフィックス窓をつくって北・南・東から採光することを提案しました。さらに中庭をつくれば、そこからも光を取り入れられるので、必ずしも南リビングでなくても〝明るい家〞を実現できます。車も出入りしやすいように駐車場の位置を変更して、最大6台停められるようにしました」。

|職人技が光る造作の数々で住まいをトータルコーディネート

《キッチン》

No image

壁付けキッチンをアレンジしてアイランド型に。グレーのクロスと木目のカウンターで覆ったことで、インテリアとの相性も◎。洗面・浴室側と、パントリー・勝手口側への動線もコンパクトで、家族とコミュニケーションをとりながら家事ができるようになった

「住む人目線で、動線がスマート。最初に設計図を見た時からクオリティが高くてうれしかった」と振り返るYさん。結局、キッチンから洗面台への動線と、勝手口を追加しただけで、最初の提案のままの図面で工事をスタートさせることにした。キッチンは壁付けキッチンをベースにアレンジすることで、アイランドキッチン風に。ぐるりと回れる動線を確保しつつ、設備コストを抑えることができた。「キッチンのカウンターは安全に配慮して大工さんが木の角を丁寧に面取りしてくれました。背面の飾り棚も、ダイニングテーブルも大工さんの手によるものです。空間に似合うものを自分たちで選ぶのは大変なので、トータルでコーディネートしてつくってもらえてよかったです」。

中庭も、当初は特段の工夫もせず、フリースペースのように使うつもりだったそうだが、栗原さんからの提案で木を植えることにした。「四季を感じつつ、年中緑を楽しめるように」と、落葉樹と常緑樹のハイブリッドで植栽。主役として据えたのはもみじ。細い幹が数本立っていて小さな庭でも植えやすい「株立ち」を選び、足元には天然石を敷いた。スペースの有効活用ができるようにあえて斜めにカットし、意匠を凝らしてある。「入居したのは冬だったので、その時点ではもみじはつんつるてんだったんですが、春になって芽が出て、今はすっかり葉が茂っています。中庭の木はちょうど隣家との目隠しになるし、夜はライトアップもできていい雰囲気なんですよ」。

《中庭》

No image

四季を感じつつ、年中緑を楽しめるように、落葉樹(もみじ)と常緑樹を組み合わせた植栽がなされた中庭

No image

緑を楽しめる昼間もいいが、ライトアップによる陰影が美しい夜の眺めも魅力的。バーベキューもできる中庭は、見て良し・使って良しの憩いの場

|楽しみ方まで考えられた住まいのデザインに大満足

入居して半年が過ぎた。どこを切り取っても絵になるインテリアも、使いやすい家事動線も、住み心地は申し分ないそうだ。「お気に入りは、キッチンに立った時に目の前に広がる中庭の景色。隣家の白い壁がキレイに植栽の背景になって、計算しつくされてるんだなって。お隣さんと視線が合うことはないけれど、玄関に人が来る気配はちゃんとわかるように設計されていて、窓の位置が絶妙なんです」と奥さま。Yさんも「中庭とリビングとのつながりがよくてここでバーベキューをする時は庭に下りるステップ階段と玄関のポーチに腰掛けるとちょうどいい高さで。見るだけじゃない、使える中庭なんですよ」と絶賛。

《ダイニングテーブル》

No image

白とグレーをベースにしたシンプルな内装に木目が映える。栗原建設による造作ダイニングテーブルはこの家の雰囲気にぴったり

《子ども部屋》

No image

将来的に2室に分けられるように、子ども部屋にはドアもクロゼットも窓もエアコンコンセントも2つずつ。造作デスクは人が乗っても大丈夫なほど頑丈

《寝室》

No image

寝室は室内窓と個性的なクロスを張ったアクセントウォールがポイント。寝室の外には水遊びもできる広いバルコニーも確保

どうやら栗原さんの「眺めて、使って楽しむ憩いの場を家の中につくる作戦」は奏功したようだ。「建てる時も、建てた後もめちゃめちゃ満足度が高い」と家づくりを振り返るYさんご夫妻。そこには安心して任せられる工務店との出会いがあったと語る。「私たちが言葉で表現できないことをくみとって形にしてくれて、何か要望を伝えると〝それもいいけどこれもいい〞ともっといい提案で返してくれる。だから信頼できたし、工事も最終段階になる頃には〝栗原さんに任せておけば大丈夫〞と思うようになっていて、外構はほぼお任せ。栗原さんが200本の中から選んでくれた枝ぶりの良いアオダモが白い壁に映えて気に入っています。これから家づくりを考える人に伝えておきたいのは、テレビCMをやったり、モデルハウスにのぼりを立てたりしているメーカーだけがいい家を建てる会社じゃない、ということ。住むのは人で、つくるのも人、なんです」。そう語る奥さまの優しい笑顔が、Y邸の明るい未来を物語っている。

Company Profile

栗原建設 株式会社

「お客様第一主義の家づくり」を大切に住まいづくりのお手伝いを

昭和33年創業、「地域に根差した工務店」として独自の特徴や匠の技を活かし、皆さまの「いい住まい」はどのようなものかを考え、安心して住み続けられる、お客様一人ひとりに寄り添った住まいづくりを提供していきたいと考えています。

[住所] 福岡県古賀市川原1295
[電話] 092-942-2987
[施工エリア] 福岡県全域
[設立] 昭和33年6月
[従業員数] 7名
[許可・登録] 福岡県知事許可(般-29)第106450号/宅地建物取引主任者 福岡県知事(2)第17180号
[保証] 20年長期地盤保証/シロアリ保証5年/新築瑕疵保険「ハウスプラスすまい保険」10年

▽ホームページ・SNSは下記をクリック

栗原建設 ホームページ

栗原建設 Instagram

資料請求はこちら

▽住まいに関するイベントをまとめてカレンダーにしました!

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加