【ベラトール】元UFC王者マチダが衝撃KOで悔しい4連敗!エドワーズの強烈なヒジ攻撃に沈む

  • イーファイト
  • 更新日:2022/05/14

Bellator MMA
『BELLATOR 281』
2022年5月14日(土・日本時間)イギリス・ロンドン OVOアリーナ・ウェンブリー

▼ミドル級
●リョート・マチダ(ブラジル)
KO 1R 3分18秒 ※パウンド連打
○ファビアン・エドワーズ(イギリス)

マチダは元UFCライトヘビー級世界王者。日本から22歳の時にブラジルへ移民した空手家の父親・町田嘉三とユダヤ系ブラジル人の母親の元に生まれ、06年に日本空手協会の世界大会で準優勝したシンゾー・マチダを兄に持つ。18年12月にUFCからベラトールに移籍し2連勝とその強さを見せたが、現在は3連敗中。年齢も43歳と引退の文字が見え隠れする中、何としても勝ちが欲しいところだ。

対するエドワーズは、UFC世界ウェルター級ランキング2位のレオン・エドワーズを兄に持つファイター。MMA9勝2敗の戦績を持つ。

1R、両者ともサウスポーで左右のローキックを蹴る。マチダの左ミドルをキャッチしたエドワーズが左右のフックを放つ。前手で距離を測るマチダだが、エドワーズが一気に距離を詰めて、左のヒジ打ち!

この一撃にふらついたマチダに、エドワーズが左フック。倒れたマチダに、エドワーズが左のパウンドを連打。レフェリーがストップし、エドワーズが鮮烈なKO勝利を飾った。勝利したエドワードは「俺はレジェンドだ。誰とでも戦いたい」と強気にアピールした。一方のマチダは4連敗を喫した。

▶︎次ページは【動画】マチダがまさかのKO負け!強烈な肘打ちを被弾
▼【動画】マチダがまさかのKO負け!強烈な肘打ちを被弾

𝑳𝒆𝒈𝒆𝒏𝒅 𝑲𝒊𝒍𝒍𝒂 💥 @fabianedwards24 stops MMA veteran @lyotomachidafw at the @OVOArena . #Bellator281 LIVE on @SHOsports 🇺🇸 and @bbcthree 🇬🇧 pic.twitter.com/H6Ha0DfgAH
— BellatorMMA (@BellatorMMA)
May 13, 2022
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加