タモリ、2度目のギネス認定にネット民「マイクを持ってるだけで安心感」「タトゥー事件は今でも覚えてる」「司会変わった時がMステの終わり」

タモリ、2度目のギネス認定にネット民「マイクを持ってるだけで安心感」「タトゥー事件は今でも覚えてる」「司会変わった時がMステの終わり」

  • iza!
  • 更新日:2021/10/14
No image

タモリ

14日朝にタレントのタモリが、テレビ朝日系「ミュージックステーション」(金曜後8・0)の司会者として、ギネス世界記録に認定されたことが明らかになり、ネット民から喜びの声が殺到した。ギネスワールドレコーズジャパンの公式ツイッターも「二度も認定されるなんて本当にすごいです!本当に、おめでとうございます!」などと祝福。タモリの偉業にSNSが朝から大盛り上がりになった。

1986年にスタートしたMステのMCを約35年にわたって務めているタモリは、「同一司会者による生放送音楽番組の最長放送」として、ギネス世界記録に2021年9月17日付で認定されることになった。タモリは82年から2014年まで平日昼に生放送されていたフジテレビ系のバラエティー番組「笑っていいとも!」でも、単独司会者による生放送の長寿番組記録として、03年度版のギネスブックに認定されており、今回が2度目の受賞となった。

ギネス日本法人の公式インスタグラムでは、「タモリさんが『ミュージックステーション』のMCとしてギネス世界記録『同一司会者による生放送音楽番組の最長放送』に認定されました!本当に、おめでとうございます!」との祝辞を投稿。公式ツイッターでも「二度も認定されるなんて本当にすごいです!本当に、おめでとうございます!」と、認定証を手にポーズをとるタモリの写真を添えてメッセージを送った。

この一報にネット民も歓喜。SNSには「黙々と積み上げられてきた誰にもマネのできない、タモリさんのスタイルだから認められた素晴らしい記録ですね!」「タモリさんがマイクを持って立っている姿をみるだけで、安心感がありますね」「学生時代からジャズ愛好家で、音楽への造詣が深いからこそ、アーティストに対するリスペクトが感じられる」「大人しめの司会進行だけど、生放送ならではのハプニングが起きた時のフォローはさすが」「タモリさんとアーティストのトーク本当に好きなので、司会変わった時がMステの終わりだと思ってる」「第一回の1曲目は大好きなチェッカーズだったのを思い出します」「(初音)ミクさんのライブ技術に興味津々だったタモリさんは今も忘れん」などと、番組に対する思い出を交えたコメントが多数寄せられている。

このニュースを受け、03年に来日した際にMステの生歌をドタキャンして話題となったロシアの“お騒がせ”女性2人組ユニット「t.A.T.u」の名前もツイッターのトレンドにランクイン。ツイ民から「Mステでドタキャンしたロシア人2人組」「t.A.T.u.事件は今でも覚えてます」「ドタキャンしたのタトゥー以外にいるんだろうか」「t.A.T.uのドタキャンについては本人たちの意思じゃなく事務所の方針だったことも有名」などのコメントのほか、t.A.T.uの代わりに急きょ、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTが「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」を演奏したことから、「ドタキャンしたタトゥーも伝説だけど、空いた枠を繋ぎ止めたTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTもまた伝説」といった反応も多数見られた。

ほかにも「『「タモリ倶楽部』も、そこそこ長くやってね?」「あとはタモリ倶楽部がなんかしらでギネス認定されたら最高ですね」「もうタモさんや徹子さんを超える司会者は出ないだろうね~。あの笑点や紅白すら長寿番組っつったって司会者変えちゃってるんだから...」「久しぶりにさんまとか鶴瓶とかにツッコんでるタモリを見たいな」といった書き込みも寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加