上田綺世 コスタリカ戦で“理不尽”ゴール誓う 「W杯のゴールは価値がある」

上田綺世 コスタリカ戦で“理不尽”ゴール誓う 「W杯のゴールは価値がある」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/25

日本代表FW上田綺世(24=セルクル・ブリュージュ)が25日、ドーハ市内で行われた練習後に取材に応じた。歴史的な勝利を挙げたドイツ戦(23日)で出場機会が巡ってこなかったストライカーは「W杯のゴールはやっぱり価値がある」と得点を渇望した。

No image

<サッカー日本代表練習>シュートを放つ上田(左から2人目)(撮影・西海健太郎)

現地時間午後1時キックオフのコスタリカ戦(27日)を見据え、ドーハの強烈な日差しが降り注ぐ午前中から練習を行った。ここまで出場機会のない上田は「コンディションは問題ない」と語った。コスタリカ戦ではターンオーバーでの出場可能性もあるだけに「詳しくは分析していないが、身体能力や高さで勝っている部分がある」と印象を語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加