インディーズミュージシャンがライブハウスを救うべく立ち上がった<またライブハウスでプロジェクト>始動

インディーズミュージシャンがライブハウスを救うべく立ち上がった<またライブハウスでプロジェクト>始動

  • BARKS
  • 更新日:2020/05/12
No image

全国のライブハウス/ライブバーで活動をして生計を立てている“聞間拓”が中心となって、全国109のライブハウスを救うプロジェクト<またライブハウスでプロジェクト>が始動した。このプロジェクトには、代表の聞間と同様に、全国を演奏して周るインディーズミュージシャン総勢32名が参加している。

◆<またライブハウスでプロジェクト> 関連動画&画像

3月初旬に相次いだ中小規模ライブハウスでのクラスター感染により「ライブハウスは危ない」というイメージが根強くなってしまった。東京・大阪を中心に、全国にはキャバシティ50名以下の中小規模ライブハウスが数多くあるが、ほとんどのライブハウスは、自粛令が出る前から自主的に休業を決めており存続の危機だ。悲しいことに、「ライブハウスが潰れる」と聞くと「音楽を趣味でやっている人が困るだけ。趣味をやめればいい。」という人がいるが、そうではない。テレビに出ずとも、こういった小さなライブハウスで活動をして生計を立てているミュージシャンがいっばいいる。ライブハウスがなくなるということは、“プロ”として音楽で生計を立てているミュージシャンも失業の危機にあるということだ。また、日頃テレビで見ている人気アーティストの中には、こういったインディーズシーンから出てきた人も少なくない。最近の有名どころだと、NHK紅白歌合戦に出場した竹原ピストルもそうだ。政府の支援や社会の理解が追いつかないこの現状を、当事者であるミュージシャンが救おうとしている。

支援場所は7つのグループに分かれており、支援したいという場所があればそちらに投げ銭を入れられるように選べるシステムになっている。投げ銭の種類は500円、1000円、2000円、3000円、5000円、10000円となっている。なお、投げ銭は各地方ごとに集計し、全額ライブハウス、ライブバーに均等に配分されるという。

No image

▲(左から)タマキング、聞間拓

■聞間拓・タマキング コメント

小さなチカラかもしれない、全部を助けられるかもわからない、けどやってみなくちゃわからないと思いチャレンジします!!!!! どうか少しずつみなさんのチカラ貸してください!!!!!!  『またライブハウスで』一生懸命作りました、どうかよろしくお願いします!!!!!!!!! この歌を全員でライブハウスでみんなの前で歌う日を夢見ています!!

また、当企画のテーマソングは、代表者の聞間拓とタマキングが作詞作曲を担当。各地にいるインディーズミュージシャンがそれぞれレコーディング・撮影をしたものを繋げている。こちらも合わせてご覧いただきたい。

■参加ミュージシャン一覧

タマキング/聞間拓/井上ヤスオバーガー/花男/松本耕平/大貫永晴/MIYA(THE OLIVE)/りさボルト&Hys/横田悠二/山口こうじ/杉本ラララ/酒井ヒロキ/TOZY/チョモLaラテ/谷井大介/チャー絆/田高健太郎/高木芳基(ザ・マスミサイル)/武田英 祐一(THE 武田組)/日々かりめろ/河野圭佑/キタムラリョウ/宇海-UUMI-/村岡広司/田中K助(wacca.)/高井麻奈由/山口進(夜ハ短シ)/サナダヒデト/thing of gypsylion/ナカノアツシ(GRAND COLOR STONE)/よっくん(快賊guild+)/勝詩

◆<またライブハウスでプロジェクト> オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GReeeeN、朝ドラ主題歌『星影のエール』でつなぐ福島県59市町村のPVを公開
K-POPが日本撤退!? 握手会ビジネス終焉で広がる、世界での日韓エンタメ格差
GReeeeN「星影のエール」で福島県59市町村をつなぐプロモーションビデオ公開
エビ中、約2年半ぶり『ファミえん』の映像作品をリリース
福島から全国へ“エール”を、GReeeeN「星影のエール」でつなぐPV公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加