なぜ?ライナー落としたのに判定はアウト!DeNA・ソトが「故意落球」

なぜ?ライナー落としたのに判定はアウト!DeNA・ソトが「故意落球」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

力投するDeNA・上茶谷大河=横浜スタジアム(撮影・高石航平)

「DeNA-巨人」(18日、横浜スタジアム)

DeNA・ソトが故意落球の判定を下された。

1点ビハインドの二回、無死一、二塁の場面。大城の正面に来たハーフライナーを一度グラブに当てたが落球。二塁に送る前の時点で二塁塁審はアウトのジェスチャーを行い、三塁に進んでいた二走の田中俊は二塁へ戻された。

長井二塁塁審は「二塁選手の落球を故意落球と判定し、一、二塁でプレーを再開します」と説明。上茶谷は後続を断ってピンチを脱した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加