三原舞依は自己べストの73・58点をマーク GPフィンランド大会SPで「戦場のメリークリスマス」

三原舞依は自己べストの73・58点をマーク GPフィンランド大会SPで「戦場のメリークリスマス」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/27

◇フィギュアスケートGPシリーズ第6戦フィンランド大会(2022年11月25日 エスポー)

No image

三原舞依

女子ショートプログラム(SP)が行われ、22年四大陸選手権女王で第4戦英国大会を制した三原舞依(シスメックス)は自己ベストを更新する73・58点をマークした。

今季から使用するSP曲「戦場のメリークリスマス」の旋律に乗って、情感たっぷりに演技を披露。冒頭のダブルアクセル(2回転半)、続く3回転フリップを着氷すると、後半のルッツ―トーループの連続3回転も着氷させる。終盤は会場の手拍子を受け、演技を終えると力強くガッツポーズした。

4位以内に入ればシリーズ上位6人によるファイナル(12月・トリノ)初進出を自力で決められる三原。女子フリーは26日の日本時間午後9時21分に開始予定となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加