中国海警局所属の船舶の活動、「極めて深刻」=松野官房長官

中国海警局所属の船舶の活動、「極めて深刻」=松野官房長官

  • ロイター
  • 更新日:2022/11/25

[東京 25日 ロイター] - 松野博一官房長官は25日午後の記者会見で、同日午前に中国海警局所属の船舶2隻が尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺の領海に侵入したことを受け、中国海警局の船舶による接続水域内の航行や領海侵入などの活動が相次いでいる状況を「極めて深刻に考えている」と述べた。

No image

松野博一官房長官は25日午後の記者会見で、同日午前に中国海警局所属の船舶2隻が尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺の領海に侵入したことを受け、中国海警局の船舶による接続水域内の航行や領海侵入などの活動が相次いでいる状況を「極めて深刻に考えている」と述べた。写真は2021年10月、都内で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

尖閣諸島は日本が実効支配し、中国も領有権を主張している。

松野官房長官は、今後について「引き続き緊張感をもって尖閣諸島周辺の警戒監視に万全を尽くすとともに、中国側に対しては冷静かつ毅然と対応していく」と語った。

船舶のうち1隻が砲らしきものを搭載していたことに関連し、中国海警局所属の船舶への対応を巡り、海上保安庁では「常に相手勢力を上回る巡視船で対応するなど、万全の領海警備体制を確保している」と説明。その上で「引き続き大型巡視船の整備など中国海警局所属の船舶の大型化・武装化にもしっかりと対応できるよう、海上保安能力の一層の強化に努めていく」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加