西川史子、田中みな実の見舞いに感謝「頼もしい妹分です」

西川史子、田中みな実の見舞いに感謝「頼もしい妹分です」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/26

8月に右脳内出血のため救急搬送され、手術を受けた女医でタレント、西川史子(50)が25日、インスタグラムを更新。フリーアナウンサーで女優、田中みな実(35)が病院に見舞いに訪れたことを明かした。西川は、オレンジのニットにマスク姿で見舞いの品を両手に掲げる田中の写真とともに「病院に、田中みな実ちゃんが来てくれました」と報告。この朝、田中がプロデュースしたガードルを購入しようと「おススメ教えて!」と連絡したところ、「今日病院に持っていきます!」と返信がきたという。「目立つから、心配だからとか、そんなこと全部すっ飛ばして、大丈夫です。言ったら必ず実行する。田中みな実はそんな人です。迷いや躊躇もなく、軽々と予想を超えてきます」と人柄を評した。

No image

田中みな実

田中について「アナウンサーになりたての頃は私の最も嫌いなぶりっ子アナだった」としたが「サンジャポで仲良くなって、家にもよく来てくれて、私に、鍛えたお尻を無理矢理触らせたり…」と現在は親交も深い。最後に「全くブレない頼もしい妹分です」と感謝。ハッシュタグで「田中みな実ちゃん」「大好き」と添えた。

西川は8月17日午前9時に東京都内の病院に出勤予定だったが、10時になっても音信不通で、心配した病院側がマネジャーに連絡。同日正午、警察の立ち合いのもと都内の自宅マンションに入ると、リビングで倒れている西川を発見した。そのまま都内の病院に搬送され、右脳内出血と判明。5時間に及ぶ緊急手術を受け、無事成功した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加