プレミア6クラブ、スーパーリーグ参加を謝罪...「合計34億円」支払い

プレミア6クラブ、スーパーリーグ参加を謝罪...「合計34億円」支払い

  • Qoly
  • 更新日:2021/06/10
No image

4月に発表された欧州スーパーリーグ構想は、わずか48時間で12クラブ中9クラブが離脱を発表するという大混乱の幕切れとなった。

サッカーファンや選手、監督らの大反対を受けてミラン、インテル、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、アーセナル、チェルシー、マンチェスター・シティ、トッテナム、アトレティコ・マドリーが脱退。残ったのはユヴェントス、レアル・マドリー、バルセロナのみとなった。

そして今回、プレミアリーグがスーパーリーグ参加を表明していた6つのクラブとの話し合いが合意に至り、和解に達したようだ。

『Mirror』の記事によれば、この6クラブは合計で2200万ポンド(およそ34.1億円)を寄付として支払うことに合意したとのこと。

1クラブあたり350万ポンド(およそ5.4億円)の計算となるが、これが6クラブすべて同額なのかどうかは明らかになっていない。このお金は草の根サッカーの支援に使われるという。

【写真】CL、今季の「ベスト10プレーヤー」

なお、ふたたびこの6クラブがスーパーリーグのようなプロジェクトに参加を表明した場合、1クラブあたり2500万ポンド(およそ38.7億円)の罰金と勝点30の剥奪という処分が言い渡される可能性があるそう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加