プロが教える「コストコ牛たんを最高の味にする料理法」が本当にスゴかった

プロが教える「コストコ牛たんを最高の味にする料理法」が本当にスゴかった

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/05/04

食品から家電まで、さまざまな商品が取り揃えられている倉庫型スーパー『コストコ』は、塊肉も豊富で料理好きから絶大な支持を得ている。

画像をもっと見る

■コストコ牛たんを究極に美味しくする方法

No image

そんなコストコの塊肉の中で、トップクラスの人気を誇る商品といえばやはり『牛たんブロック』だろう。しかし、そのまま開けて焼くだけだとやや臭みが出てしまい、コストコ牛たんの真価は発揮できない。

関連記事:コストコ最強コスパ肉『ラム肩ロース』が激ウマ 牛や豚では実現不可の使いやすさ

■まずは水洗い

No image

そこでおススメなのが、プロの牛たん処理を見て学ぶ方法。記者は動画を見ていくつか試したのだが、もっとも美味しいと感じたのが『焼肉Hodori 用賀店』の橋本 宰さんが教える、コストコ牛たんの究極の調理法

その内容を簡単に説明すると、まずは牛たんを水でしっかりと洗い、たっぷりの水の中に重曹を入れたボウルの中で一晩おいておく。

■完全に臭みが抜ける

No image

一晩おいておくと水が真っ赤になるぐらい臭みが抜け、嗅いでみても嫌な臭いは一切なく、肉の良い香りのみに変化している。

No image

次に水をしっかり拭いてから、冷蔵庫でラップをせず6時間程度置く。すると表面が硬くなって切りやすくなり、成型が簡単になる。

■部位別に分けよう

No image

その後は血管の近くに沿って切れ目を入れ、たん下を外す。

No image

あとは柔らかいたん元(根の部分)近くは焼肉店の牛たんのようにスライスし、硬いたん先などは切れ目をしっかり入れてステーキ用にする。

■コストコ牛たんがお店の牛たんに変身

No image

記者は焼肉用にカットした物はねぎ塩たんにし、切れ目を入れたものはバターとにんにくで焼き、ステーキとして仕上げた。

No image

さっそくホットプレートで焼いてみると…

■とにかくウマい

No image

もう見た目が完全にお店の牛たんなのでテンションが上がるが、焼いている途中に触ってもその柔らかさがすぐにわかるほど。

No image

実際に食べてみても、赤身の部分は柔らかくなり臭みが一切なく、牛たんの脂の美味しさをしっかり味わえて最高にウマい! 1ブロック4,000円弱したが、1人前1,500円~2,000円ぐらいのレベルのたんを食べられることを考えると、かなりお得だと感じた。

仕込み時間は1日以上かかるが、難しいことは無いのでぜひ料理好きはやってみてほしい。そこらへんの焼肉店を超える味の牛たんが食べられるだろう。

・合わせて読みたい→イオン『台所用品福袋』の隙のなさに感動 お得度も実用性も究極レベル

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加