【江戸川ボート・GI江戸川大賞】好調・山田康二が前検好感触「数字ほど差があるようには見えなかった」

【江戸川ボート・GI江戸川大賞】好調・山田康二が前検好感触「数字ほど差があるようには見えなかった」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2023/01/25
No image

前検好感触の山田康二

ボートレース江戸川のGⅠ「江戸川大賞 開設67周年記念」が26日に開幕する。

山田康二(35=佐賀)は昨年7月の当地GⅡ・MB大賞V、12月には地元・からつでGⅠ・69周年記念を制した。今年も2節前の大村で優出3着、直前の住之江で優勝と好調をキープして乗り込んできた。

手にした24号機は2連率30%。特訓後は「GⅡで自分が乗って優勝したエンジン(64号機)に岡崎さんが同じ班で乗っていた。さすがに少し良く見えたが自分のも数字ほど差があるようには見えなかった。ターンのしやすさとスタートのしやすさを求めてペラをやっていく」と、まずまずの感触をつかんだ。

3月には平和島クラシックに出場。2020年6月の宮島グラチャン以来2年9か月ぶりのSG復帰となる。久々の大舞台へ好調モードをキープして乗り込むためにも、しっかりと結果を残すつもりだ。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加