国学院栃木バッテリーが会心の配球 大ピンチを無失点、流れに乗った

国学院栃木バッテリーが会心の配球 大ピンチを無失点、流れに乗った

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

"力投する国学院栃木の盛永=阪神甲子園球場、柴田悠貴撮影"

(6日、第104回全国高校野球選手権大会1回戦 国学院栃木10-3日大三島)

コンビニ店長だった明豊監督 あの名将が喜んだ智弁和歌山との共通点

「冷静にいこう」

国学院栃木の2年生右腕、盛永智也は、マウンドに声を掛けにきた捕手・武田歩大(あゆた)の言葉に、静かにうなずいた。

3―3に追いついた直後の五回表。無死満塁から後続を左飛に取り、1死満塁で日大三島の4番、松永陽登(はると)を打席に迎えた場面だ。

松永には、ここまで2打席で三塁打、二塁打を浴びた。内角を攻めきれず、甘く入った球を逆方向に運ばれていた。

「序盤はインコースを投げるときにびびっていた」と盛永。迎えた大きな山場で自らを奮い立たせ、内角を攻める。ファウルを2球打たせ、追い込んだ。

5球目。武田は内角で腰を少し浮かせ、胸付近の高さにミットを構えた。バッテリーが勝負球に選んだのは、高めの直球だった。

すんなりとサインが合った。コースはやや内よりに入ったが、バットが白球の下を通過しミットに収まった。

会心の配球だった。

武田は「(相手が)高めを狙っていると感じたので、逆にそこを突いた」。

日大三島は、四回まで4長打などで3得点。ベルトより下の球を徹底的に捨て、高めの球を捉えてきた。だから、あえて高めのボール球でスイングを誘うようにして、三振を取りにいく。その狙いがはまった。

盛永は、後続を内角直球で見逃し三振に。大ピンチを無失点に抑えると、マウンドでほえた。

37年ぶりの国学院栃木と、33年ぶりの日大三島。久しぶりの出場で、夏初勝利を目指す両校の戦いは、キーマンを抑えた五回表の「0」を境に、国学院栃木ペースで進んだ。

「今年のチームは流れに乗るのが上手なんです」と、柄目直人監督。

盛永の心の強さ、武田の冷静さで流れを引き寄せ、その裏に主将・平井悠馬の適時二塁打で勝ち越し。六回には、打者一巡の猛攻で試合を決めた。

栃木大会は、ノーシードから勝ち上がった。準決勝では、10連覇中だった作新学院を延長十回で破った。

開幕試合の勝利で勢いを加速させ、次戦は、昨夏王者の智弁和歌山に挑む。

柄目監督にとって、選手として4強入りした2000年春の選抜大会の準決勝、そして監督初出場だった18年春の選抜大会3回戦で、ともに苦杯を喫した相手だ。「強いチームだが、打ち負けないように。過去のことは考えずフラットな気持ちで戦う」(安藤仙一朗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加