「エグるプレー」に注目!トップスピードでもボールタッチ可能 “イナズマ”純也、ドリブルが好きすぎる

「エグるプレー」に注目!トップスピードでもボールタッチ可能 “イナズマ”純也、ドリブルが好きすぎる

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/09/23
No image

ことし11月20日に開幕する「FIFA ワールドカップ カタール 2022」。ABEMAの番組『FIFA ワールドカップ64~日本のエース伊東純也を日向坂46影山が大解剖SP~』(7月31日放送)で、伊東純也が海外のクラブと日本代表でのアシストの違いについて語った。

【映像】「エグるプレー」に注目

伊東は圧倒的スピ―ドを武器に、アジア最終予選で4ゴール2アシストを決め、日本代表をワールドカップ出場に導いた立役者だ。番組では日向坂46の影山優佳と対談することに。

海外クラブの話題のなかで「アシストの得意な形は?」と聞かれると、伊東は「一番奥までエグッたときは中を見る時間がない。そのときはチップで真ん中からファーに上げて、いなかったら味方を怒ります」と、言い切って見せた。

しかしアシストは海外のクラブと日本代表とではアプローチが異なるという。伊東は「代表だとまたちょっとスタイルが変わる」と前置きすると「サイドにいることが多くなる。真ん中にデカい選手がいるわけじゃないので、シンプルに上げるというよりはしっかりサイドをエグッた状態で上げたり、速いボールを上げることを意識しています」と、選手の身長を意識したプレーをしていることを明かした。

影山は「(アジア最終予選)サウジアラビア戦のドリブルで抜くシーンは、いろいろな人に見てほしいなと思いました」と伊東の「エグる」プレーに注目。

伊東は「ドリブルは本当に好きでやっている」と明かすと「やっていると感覚が身についてくるもので、スピードが上がった状態でもボールタッチできたりします」と、ドリブルのテクニックに自信を見せた。

photo:高橋学 Manabu Takahashi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加