【ワイドショー通信簿】菅首相きょう緊急事態ドミノ宣言! 医療現場「もっと強いメッセージを」「『8時以前ならよい』ではない」(モーニングショー)

【ワイドショー通信簿】菅首相きょう緊急事態ドミノ宣言! 医療現場「もっと強いメッセージを」「『8時以前ならよい』ではない」(モーニングショー)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/01/13

菅首相はきょう13日(2021年1月)夕方に会見をし、緊急事態宣言を大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、栃木、福岡にも発令する。

また、西村大臣は12日、「改めてのお願い」ということで、「誤解もあるが昼間を含めて外出自粛をお願いしている。不要不急の外出は控えていただきたい。昼間もランチなら感染リスクが低いということではない」と述べた。

昭和大学医学部の二木芳人客員教授はこれに対し、「これは『誤解』ではなく、『8時以降の』というのがそのまま伝わってしまっています。若い人たちも意外にそれは守っているんです。ですから、改めて『8時以前なら良いということではない』ときちっと伝えないといけません」と苦言を呈す。

専門医「感染者の半数はランチ時にマスクはずしたからか」

池袋大谷クリニック院長の大谷義夫医師は、菅首相に「強いメッセージ」を切望している。「私の患者さんの中で、陽性者の半数は年末年始の忘年会、新年会などが原因ですが、残り半数は『会社と家の往復の毎日で、マスクを外すのはランチ時くらい』という人たちです。昼の飲食に関するメッセージが伝わり切っていない。さらには、飲食店もアクリルガードを設置していないところが多いので、今後、レストランなどが生き残るためにも設置を求めてほしい」と大谷医師は言う。

浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「自発的に行動を変えてもらうには、政府が正しい情報を真摯に伝え続けるということが非常に大事です。西村さんが『誤解がある』と言うならば、『誤解を与えるようなメッセージを出してしまってすみませんでした。正しくはこうです。こういう風に行動を変えてください』と、もう少し強く繰り返し言う必要がある。『できるだけ』とか『マスク会食はいい』とか言われると、人は『ここまではいいんだ』『夜はダメだけどランチはOK』と都合のいいように解釈してしまう。それはメッセージを出す側の責任です」

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加