「おへそより上と下」を凹ませたい! 1カ所につき5回「つまんでぷるぷる」と効果を高める4つのコツ

「おへそより上と下」を凹ませたい! 1カ所につき5回「つまんでぷるぷる」と効果を高める4つのコツ

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2022/05/14

自分のぽっこりおなかを見て、あきらめの境地に陥ってしまってはいませんか? 40代50代からのダイエットは、頑張らずゆっくりペースがちょうどいい! 今回は著書『40代からのお腹やせ』(KADOKAWA)が大好評のみっこさんに、ぽっこりおなかの解消方法を教えてもらいました。

【前回】ぽっこりおなかを1日1回「つまんで」凹ませよう! ズボラさんも続けられる「つまんでぷるぷる」

おへそより上をもっと凹ませる

1カ所につき5回ぷるぷる!

1.いすなどに座って軽く背中を丸め、おへそより上のお肉をつまんで上下にぷるぷる。つまむ位置を変えながら、みぞおち~おへその間のお肉をほぐしましょう。

No image

固くてつまみにくいところをつまむと効果的

2.再びお肉をつまんだら、息を吸いながら背中を反らせるようにして体を伸ばします。「つまむ→揺らす→体を伸ばす」をセットで行うことを忘れずに。

No image

反らせたときにお肉が逃げてもOK!

おへそより下をもっと凹ませる

1カ所につき5回ぷるぷる!

1.片足を一歩引いて立ち、軽く背中を丸めて、おへそより下のお肉をつまみ、上下にぷるぷる。つまむ位置を変えながら、下腹部のお肉を全てつまみながら揺らします。

No image

肩の力は抜きましょう

2.再びお肉をつまんだら、息を吸いながら背中を反らせ、おなかを伸ばします。つまんだお肉が逃げてしまっても大丈夫!

No image

【注意!】

足を広げず反らしてもOKですが、転倒の危険があります。危ないと思ったら、必ず足を開いて行いましょう。

No image

「つまんでぷるぷる」の効果を高める4つのコツ

コツ1:つまめるお肉は全部つまむ

No image

つまめるお肉には個人差がありますが、しっかり集めてしっかりつまむようにすると効果的。お肉が2段になる場合は、ぷりっと1段にして。

コツ2:つまむときは、脂肪と筋肉の境目まで深く

No image

お肉の中に指を押し込み、筋肉に張りついた脂肪を引きはがすようなイメージで深くつまみます。深く優しくつまむのがポイントです。

コツ3:ぷるぷる大きく動かす

No image
No image

つまんだお肉は、ぷるぷると上下に大きくしっかり動かします。この動きが、ぽっこりおなかの解消に役立つので、ココだけは手を抜かないで。

コツ4:お肉が逃げてもOK

No image
No image

基本の(3)の「つまんで伸ばす」の動作を行うときは、お肉が指から外れて逃げてしまっても大丈夫。筋肉の張りつきがゆるめば、つまんだまま伸ばせるようになります。

【関連記事】ぽっこりおなかを1日1回「つまんで」凹ませよう! ズボラさんも続けられる「つまんでぷるぷる」

【まとめ読み】特集「ぽっこりおなか凹ませ大作戦」記事リスト

No image

取材・文/和栗 恵 撮影/齋藤ジン イラスト/坂木浩子 ヘアメイク/木村三喜 栄養計算/成澤文子

<教えてくれた人>
みっこさん

腰痛治療院整体師などの経験を持つ、心と体のコンディショニングトレーナー。「体が変われば人生が変わる」というメッセージを伝え続けています。2021年には『40代からのお腹やせ』(KADOKAWA)を刊行。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加