広瀬すず 爽やかなシースルー衣装で魅了 主演映画公開にドキドキ「ここ最近でも特別」

広瀬すず 爽やかなシースルー衣装で魅了 主演映画公開にドキドキ「ここ最近でも特別」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/13
No image

子役の増田光桜(左)から花束を渡され笑顔を見せる広瀬すず=TOHOシネマズ日比谷(撮影・園田高夫)

女優の広瀬すず(23)が13日、都内で、映画「流浪の月」の初日舞台あいさつに、共にW主演を務めた松坂桃李(33)、横浜流星(25)、多部未華子(33)らと登場した。

2020年の本屋大賞を受賞した凪良ゆう氏のベストセラー小説が原作。女児監禁事件の誘拐犯の大学生・佐伯文(松坂)と被害者の家内更紗(広瀬)が偶然15年後に再会し、特別な関係を築いていく物語。白を基調にシースルーを取り入れた初夏らしい爽やかな衣装で登場した広瀬は、ストイックな役作りに励んだ今作の公開に「作っている最中は、更紗として生きることに必死すぎて。どういう風に映画が届くのか、ここ最近でも特別にドキドキと楽しみと緊張をスゴく感じています」と高揚感を漂わせた。

広瀬とは2019年上期のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で娘役を演じ、今作で再び共演を果たした増田光桜(10)がサプライズゲストとして登場し花束を贈呈。“娘との再会”に思わず笑みがこぼれた広瀬は「朝ドラの期間ずっと休憩中も遊んでて、お母さん役も初めてだったので、勝手に遠いお母さんの気持ちが離れなくて。こんなにすぐ共演させていただけたことがスゴくうれしくて、泣きそうになりました」と“母の顔”をのぞかせていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加