阪神 マルテ、サンズのタイムリーで勝ち越し 四回に集中打で一挙4点

阪神 マルテ、サンズのタイムリーで勝ち越し 四回に集中打で一挙4点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

4回、サンズの適時二塁打で一塁から一気に生還する佐藤輝(撮影・飯室逸平)

「日本ハム-阪神」(9日、札幌ドーム)

阪神が4点を奪い、勝ち越した。1-1の四回、先頭のドラフト・6位中野(三菱自動車岡崎)が右翼線三塁打でチャンスメーク。続くマルテが中前へポトリと落ちる勝ち越し適時打を放った。

マルテは「中野がよく三塁まで行ってくれたから、外野フライでもいいという少し楽な気持ちで打席に入ることができたよ。いい所に落ちてくれて良かったね」と振り返った。

1死後、ドラフト1位・佐藤輝(近大)が中前打でつなぐと、6番サンズが左前へ2点二塁打。左翼・西川が打球処理を誤り、一塁走者の佐藤輝も一気に本塁へ生還した。

サンズは「みんながいい仕事をしてくれて塁に出てくれたからランナーをかえすという自分の仕事をすることができて良かったよ」とコメントした。

さらに、好調の8番北條にも三塁・郡のグラブをはじく適時二塁打が飛び出し、先発・加藤を攻略した。

北條も「いい攻撃が続いていましたし、自分にもいい場面で回ってきたのでしっかり集中して1本出すことができて良かったです」と納得の様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加