ツインズ前田健太が原爆被害者を追悼 「広島にとって、日本にとって大切な日」思い出の地に祈り

ツインズ前田健太が原爆被害者を追悼 「広島にとって、日本にとって大切な日」思い出の地に祈り

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

ツインズ・前田健太(20年2月13日撮影)

元広島のエース、ツインズ前田健太投手(34)が原爆被害者を追悼した。5日(日本時間6日)、自らのインスタグラムを更新。「今日は8月6日。広島にとって、日本にとって大切な日 アメリカに来てから今年で7年目になりました。広島から遠く離れた場所からですが、原爆でお亡くなりになられた方たちのご冥福を心よりお祈り申し上げます」と、ブルペン投球の様子を撮影した動画とともに投稿した。

前田は06年高校生ドラフト1巡目で広島入団。15年まで広島に在籍し、10年に投手3冠、最多勝を2度獲得するなど、エースとして活躍した。

渡米から7年目となったが、若手時代を過ごした地への思いを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加