撮ったその場でモノクロプリントできるインスタントカメラ ケンコー・トキナー

撮ったその場でモノクロプリントできるインスタントカメラ ケンコー・トキナー

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/15
No image

ケンコー・トキナーは9月11日、撮ったその場でモノクロプリントできるインスタントカメラ「モノクロカメラ KC-TY01」を発表した。ブラック、ブラウン、コーラルピンク、スカイブルーの4色を用意。9月18日より発売する。価格はオープンで、直販価格は10,868円(税込)。

カメラにもなる! 小型フォトプリンター3製品まとめてレビュー

感熱紙を使用するインスタントカメラ。シャッターを切ると、撮影画像をモノクロプリントできる。印刷解像度は200dpi。イメージセンサーとして、有効画素数約31万画素の1/6.5型センサーを内蔵。レンズの焦点距離は44mm(35mm換算)で、撮影距離は約0.3m~∞となる。明るさはF2.8。

印刷用紙幅は約57mmサイズ。印刷後に貼り付けられるシール用紙も用意する。用紙カラーはホワイトのほか、カラーペーパーも揃える。印刷領域は47×62mm。被写体に合わせて8種類のフレームを選択でき、フレームなし状態での印刷もサポートする。

ISO感度はISO100、シャッタースピードは1/100秒。本体サイズは約W137×D51×H90mm、重さは約226g。ネックストラップが付属する。

リアクション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加