西岡良仁の初戦は世界123位アルボットに、ダニエルの初戦は世界151位バリオスに決定[全豪オープン]

西岡良仁の初戦は世界123位アルボットに、ダニエルの初戦は世界151位バリオスに決定[全豪オープン]

  • Tennis Classic
  • 更新日:2022/01/15
No image

全豪オープンが予選勝者を振り分けたドローを発表

1月14日、全豪オープンは予選勝者を加えたドロー(組み合わせ)を発表。西岡良仁(ミキハウス/世界ランク99位)の1回戦の相手は、予選勝者のラドゥ・アルボット(モルドバ/同123位)に、ダニエル太郎(エイブル/同120位)の1回戦の相手は、同じく予選を勝ち上がったトマス・バリオス(チリ/同151位)に決まった。

【ドロー】全豪オープン男子シングルスドロー(組み合わせ)をチェック

日本人男子唯一の本戦ストレートインとなった西岡は、7年連続となる全豪本戦出場。今シーズン、オーストラリア・アデレードで行われた前哨戦2大会に出場し、いずれも初戦敗退と悔しい結果に終わっており、自身のツイッターで「中々勝てないですが、少しずつ良くなってる兆しはありました。既にメルボルンに入り全豪に向けて調整していきます。うまく行かない流れが中々立ち切れていないですが、いつか良くなると信じて頑張ります」と綴っている。

一方、前哨戦「アデレード国際1」(オーストラリア・アデレード/ATP250)から好調を維持しているダニエルは、予選1回戦でアンドレア・アルナボルディ(イタリア/同250位)を6-3、6-3で、予選2回戦でジャン・マルコ・モローニ(イタリア/同197位)を6-3、6-1に勝利。予選決勝で、サルバトーレ・カルーソ(イタリア/同150位)を6-4、6-3で下し、2年連続5度目の全豪オープン本戦入りを果たしている。

■全豪オープン2022

日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)

開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク

賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)

男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)

サーフェス/ハード

試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

Tennis Classic 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加